笑えないコメディアン

「カリフォルニア州知事はファシスト!」子育て世代を紛糾させたジム・キャリーの“ワクチン”ツイート

JimCarrey01.jpg
ジムとジェニーのご苦労はわかりますが……

 米俳優のジム・キャリーが現地時間の6月30日夜に、1,400万人を超えるTwitterフォロワーに向けて、「カリフォルニア州知事は企業ファシスト!」と訴えた。久しぶりの奇行発作かと思いきや、これは彼の強い信念に基づくツイートで、大手メディアもこぞって報道。ネット上でも論議を醸す騒ぎとなっている。

 ジムが名指ししたカリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンは、先月30日、子どもが同州の公立校に入学するにあたり、予防接種を受けていることを絶対条件とする法案に署名した。これまでは、親の「個人的な信念」に基づき予防接種を受けていない子も入学できていたが、今後は不可。免除されるのは、病気のため予防接種が受けられないという医師の診断書を提出したケースのみで、予防接種を受けさせない子はホームスクーリングで公立校と同じ教育を受けるプログラムを受講するよう指示。すでに在学している予防接種を受けていない生徒たちは7年生までは公立校に進学できるが、それ以降はホームスクーリングに切り替えるよう強要されることになる。

 この新法案に、ハリウッドA級スターの座から転落して久しいジム・キャリーが、いち早く噛み付いたのである。

 ジムは30日夜、Twitterに「カリフォルニア州知事が、さらに多くの子どもたちを水銀とアルミニウムで被毒させることになる“予防接種の義務化”に署名した。この手の企業ファシズムは絶対に阻止せねばならない」と書き込み。「魚にとって水銀は毒だという。でもチメロサールの水銀を子どもたちの体内に打ち込むことはリスクがないという。意味不明だろ?」「オレはアンチ・ワクチンじゃないよ。アンチ・チメロサール、アンチ・水銀なんだ。ワクチンからチメロサールの一部を取り除いたというけど、全部取り除いたわけじゃないんだぜ!」と訴えた。チメロサールとは、殺菌作用のある水銀化合物で、一昔前までは保存料としてワクチンに添加されていたのだが、現在は減量され、チメロサールが添加されていないワクチンも多い。

 続けて、「アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、この問題を解決できずにいる。水銀とチメロサールについて間違った認識を持っていたことを認めるのは、リスクがあるからだ。奴らは本当に腐りきってるよ」と批判。「みんな、traceamounts.comにアクセスして、ドキュメンタリーを見てから判断してくれ。我が子のことを思っているのなら、ぜひ見てほしい。マジで衝撃的だぜ!」とドキュメンタリー映画を紹介。「オレはプロ・ワクチン/アンチ・神経毒。そういうことだ」「もう一度言う! オレはプロ・ワクチン/アンチ・神経毒。ぜひ、この記事と本も読んでほしい」と、前述のドキュメンタリー映画に関するインタビュー記事と本を紹介。

 その後も、「オレたちが言いたいのは、“ワクチンから神経毒を取り除いてくれ”ってことだけ。毒のないワクチンにしてくれってこと。これが妥当な要求だったことは、歴史が物語ってるだろ」とあらためて主張し、「無毒なワクチンを! これは妥当な要求だ!」「専門家の意見の買収に何兆ドルも費やされているわけだけど、君はそんな意見を信じるのか? 無毒なワクチンを! これは妥当な要求だ!」と吠え続けた。

 カリフォルニア州が新たな法案を採択したのには、危機的状況が背景にある。実はアメリカでは、昨年12月以降、根絶が宣言されていた「はしか」の感染が急増。今年に入り、現在までに176人のはしか感染が報告されており、うち117人がカリフォルニア州にあるディズニーランドの各施設で感染したと発表されている。重症患者の大多数は、はしかの予防接種を受けていなかったことが判明し、同州公衆衛生局は「はしかの予防接種の必要性が、あらためて示された」と強調。その後、他州でもはしかの感染が確認され、今月2日にはワシントン州で女性が死亡。大手メディアは「12年ぶりに、はしかによる死者」と大々的に報じた。

どうしてこうなった……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク