相手がドナルド・トランプだしね~

歌手シェールが、「自分の髪形も見つけられないくせに」「真のバカ」と大統領候補を批判

Cher01.jpg
「核戦争が勃発しても生き残る」シェール姐のミニスカ姿

 全米でホテルやカジノを積極的に展開し、何度も破産を経験したものの、その都度不死鳥のように復活を遂げ、アメリカ屈指の不動産王に成り上がった大富豪ドナルド・トランプ(70)。彼は超勝ち組として抜群の知名度を誇っている。保守的で愛国心の塊のようなドナルドは政治にも並々ならぬ興味を抱いており、1998年頃以降共和党から大統領選に出馬したいと匂わせてきた。

 しかし、実際には出馬することなく、民主党をひたすら批判。特にオバマ大統領嫌いは有名で、オバマ政権2期目を阻止するために2012年の大統領選に出馬するのではないかとみられていたが、ぎりぎりで不出馬を表明。全米をホッとさせたのだが、それから3年が過ぎた今月16日、「16年の大統領選に共和党から出馬する」と正式に発表したのである。

 ドナルドは、ニューヨーク・マンハッタンの一等地に建つご自慢の高層ビル「トランプ・タワー」で出馬会見を開いた。「私は億万長者だから、他人の金がなくても選挙戦ができる」とまずは金持ちアピールをし、「メキシコ人はレイプ犯罪者!」「薬物や犯罪を持ち込むメキシコからの不法移民を防ぐため、国境に巨大な壁を造る。費用はメキシコ持ちで」とメキシコ人を侮辱し、「我々の指導者はバカばかり。中国の指導者の方がずっと賢い」と中国人を絶賛。「アメリカには大量の日本車が走ってるけど、日本ではアメ車は走っていない」と日本批判まで飛び出し、「私は、史上最も雇用を生み出す大統領になる。中国、日本、メキシコからアメリカに雇用を取り戻す」とドヤ顔で語った。

 とうとう出馬表明したかと思ったら、めちゃくちゃなスピーチをするドナルドを見て、ネット上はたちまちお祭り騒ぎに。全米のメディアも笑いネタのような扱いで呆れながら報じた。ドナルドは共和党の12番目の候補者であり、まずは共和党の指名候補に選ばれなければならない。当選はまず無理だろうとみられているが、「もしなにか大きな間違いが起こって当選したら大変」と全米を騒然とさせている。

 そんなドナルドを攻撃する大御所セレブに、今アメリカで注目が集まっている。後に政治家になった人気歌手ソニー・ボノを最初の夫に持つ、歌手で女優のシェールである。美容整形を繰り返して外見を維持していることから、「劣化知らず」「不死鳥」「核戦争が勃発しても生き残るだろう」と恐れられている彼女が、闘犬のごとくドナルドにかみついたのだ。

 ドナルドのスピーチに心底ムカムカしたとみられるシェールは、Twitterでドナルドをディスるツイートを大量に投稿。まずは、「ドナルド・トランプは人間らしく見える髪形を見つけることもできないのに、どうやってISIS(イスラム国)に勝つ方法を見つけようというのかしら」とツイート。「でも彼はビジネスマンとしては大成功を収めているし、政治家としても意外といけるのでは」という意見に対しては、「彼の略歴をご覧なさい。バカで騒がしいだけの偏屈者なのよ。クロイソスよりも金を持っているというのなら、真のバカってことよ」と、リュディア王国の最後の王で王国を滅ぼしたクロイソスの名前を出した。

偉そうなヤツほど頭部が不自然、というのは万国共通

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!