今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

シングルマザー騒動の仁科仁美にみえた、飽和する「ママタレ」界を制する可能性

2015nishinahito.jpg
仁科仁美オフィシャルブログより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎仁美の未来は意外と明るい
 「とにかくこれでいいんです!」という、本人の発表をもって、一応「他人がとやかく」を封じた形の仁科仁美・シングルマザー騒動。封じられちゃいないが。この件で「自分のやったことが子どもに返ってきている」と言われている父・松方弘樹だが。松方本人は「子どもって、どの?」くらいの認識しかないかも。

 しかし仁科仁美。ママタレ、シングルママタレが飽和状態の今、「運動」というオプションを手に、将来「婚外子にも嫡出子と同等の権利を!」ってベクトルへと進むかもしれない。すでにどこかのプロ市民団体が目を付けている可能性もゼロとはいえまい。立候補したりしないだろうな。

 ま、「八紘一宇」に比べれば、「婚外子に権利を!」の方が、筋が通って収まりがいいことは間違いない。

◎ブラピは何を思う
 乳房に続けて「卵巣・卵管も摘出」を発表したアンジェリーナ・ジョリー。摘出したという事実より「私は摘出する人間である」の喧伝に重きを置いてる印象。アイアム意識高い系。こういう人が巨万の富を持つと、最終的に「マモー」に行きつくような気がするのだが。

 って、万全の準備したところで事故で死んだりして。死因が事前にわかるなら、人間誰も苦労しないって話である。

◎インスタ投稿文専門作家
 椿鬼奴、ヒモ男と結婚。構造的には水嶋ヒロんとことほとんど変わらないわけである。水嶋ヒロ……。「インスタグラムに嫁とのツーショットを上げる」というのが現在の全活動。これはホサれているというより、「作家宣言」しちゃった手前、どのツラ下げて、という、本人のプライドの結果なのだと思う。傍から見れば単なるヒモでも、本人は「次回作構想中」。永遠に。

 水嶋ヒロにはもう興味ないが、確定申告の職業欄はなんて書いてるんだろうか。「作家」かな? 印税もうないのに? それだけ知りたい。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、1月16日に新刊『今井舞がゆく! 気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  12. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー