2015年冬ドラマ初回視聴率

月9・杏が『DOCTORS3』抑えトップ、観月ありさ6.5%でワースト入り!冬ドラマ初回視聴率ランク

2015doramaan.jpg
『デート~恋とはどういうものかしら~』(フジテレビ系)公式サイトより

 2015年1~3月放送の全ての冬ドラマ(午後8~10時台)第1話が放送された。初回視聴率トップに輝いたのは、杏主演の月9ドラマ『デート~恋とはどういうものかしら~』(フジテレビ系)で、1月19日に放送された第1話は14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。今期ドラマでは最も遅いスタートを切った『デート』が、最終的にトップを奪う結果となったが、その他作品はどんな数字を記録したのだろうか? ベスト&ワースト視聴率3作品を中心に振り返る。

 『デート』は、堅物女子(杏)とアラフォーのニート(長谷川博己)という恋愛不適合者同士のラブコメディー。昨春放送の『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)が平均16.0%と同クールでトップの成績を残していた“新視聴率女王”の杏だけに、『デート』がこのまま高数字を維持できるか、注目が集まる。

 ベスト2位は、沢村一樹主演の『DOCTORS 3 最強の名医』(テレビ朝日系)で、初回は14.6%を獲得した。一昨夏放送の第2シリーズは初回19.6%で、堺雅人主演『半沢直樹』の19.4%をおさえて初回1位になっていたものの、今期は惜しくもトップの座を逃してしまった。前期は最低視聴率でも15.7%だったため、前回より低下傾向となっている。

 ベスト3位に入ったのは、柴咲コウの連ドラ単独初主演作『○○妻』(日本テレビ系)。松嶋菜々子主演で大ヒットした『家政婦のミタ』(同、2011年放送)を手がけた脚本家・遊川和彦の作品で、スタッフも『ミタ』の制作陣が再集結。柴咲は少年隊の東山紀之が演じるニュースキャスター・久保田正純の「契約妻」という設定だが、謎めいたストーリーや作品の雰囲気が『ミタ』に「似ている」と話題に。初回は14.4%とまずまずのスタートだった。

 続いてここからは、低視聴率を記録した下位3作品。ワースト3位は、観月ありさ主演『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』(テレビ朝日系)で、第1話は6.5%と1ケタを記録。同作では連続主演記録を24年に更新し、初の新聞記者役に挑んでいる観月。昨年の『夜のせんせい』(TBS系)は全話平均6.5%で終了しているが、『出入禁止の女』はどこまで踏ん張れるのか。

需要なきまま更新され続ける仕事歴……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  16. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー