外国人のタトゥーの趣味の悪さは異常

最もイケてるアーティスト・ドレイクがダサすぎる絵文字タトゥーで失笑を買う

Drake01.jpg
正統派のイケメンじゃないところがいいという声も!

 いま若い女性を中心に爆発的な人気を誇る、カナダ出身のラッパー、ドレイク。アフリカン・アメリカンの父とユダヤ系白人カナダ人の母との間に生まれた。離婚後、女手一つで育ててくれた病弱な母を助けたいと思うようになり、高校の頃、芸能事務所で働いていた同級生の父親からのスカウトを受けてテレビドラマへの出演を決意。俳優としてブレイクした後、R&B歌手/ラッパーに転身したというユニークなキャリアの持ち主で、数多くのアーティストに曲を提供するソングライターとしても知られている。

 リル・ウェインなど骨太の大物ラッパーたちから好かれ、リアーナやニッキー・ミナージュなどヒップホップ界をけん引する女性アーティストからも愛されているドレイクは、現在最も勢いのあるヒップホップ・アーティストと言われている。昨年9月にリリースした3thアルバム『Nothing Was the Same』は、発売1週目に65万8,000枚を売上げ、全米チャート初登場1位を獲得。12月にはカニエ・ウェストと決別したナイキのジョーダン・ブランドと契約を結び、先日米大手経済誌「フォーブス」が発表した「2014年版ヒップホップ界の長者番付」では、堂々4位にランクイン。この1年で、3,300万ドル(約36億円)を稼いだと伝えられた。

 名実ともに今、最もイケてるアーティストの彼が、ロサンゼルスで最も人気のあるタトゥー・アーティスト、ドクター・ウーに新しいタトゥーを彫ってもらったことが判明した。これは25日にウーが、自身のインスタグラムで公表したもので、左前腕の内側には「EVERYTHING HAPPENS FOR A REASON(全てのことには意味がある)SWEET THING(美しきもの)」。右前腕の内側には、「6」という数字と両手を合わせた小さな絵が並べて彫られている。この絵が、なんとiPhoneに標準インストールされている絵文字そのまんまなのだ。

 90年代後半から日本の携帯電話などで使われるようになった絵文字は、アップルとグーグルを通して世界中で使われるようなった日本発の文化。iPhoneでは、iOS 5からすべての言語設定において絵文字キーボードを使うことが可能になり、今では「SUSHI」「BONSAI」「HENTAI」同様、「EMOJI」も英語として普通に使われている。

なんだろう、広末の夫が掘ったかのような趣味の悪さは……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

最もイケてるアーティスト・ドレイクがダサすぎる絵文字タトゥーで失笑を買うのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! セレブ・ドレイクのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  3. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  4. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  5. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  6. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  7. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  8. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  9. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  10. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  11. キスマイ女性問題がネットに続出
  12. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  13. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発
  14. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  15. 山岸舞彩、セックス写真で絶体絶命
  16. 西内まりや、月9主題歌が18位
  17. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 高部あい、薬物セックス写真あった!?
  20. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  3. キスマイ女性問題がネットに続出
  4. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発
  5. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 性被害は被災と同じくらい大変なこと
  4. セレブママサークルに「イクメンくん」加入! 「ママたちの仁義なき戦い」勃発して……!?
  5. 暴力の連鎖が生む沖縄の格差と矛盾

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. E・シーラン、年収のせいで友人を失う