【うわさの会見場から】

オーランド・ブルーム、創価学会員の素顔がチラッ! 会見場ざわついた“ご指名”とは?

MirandaKerr01.jpg
元妻はさっさと脱会という逃げ足の速さ

 主演映画『ケープタウン』(30日公開、ジェローム・サル監督)のプロモーションのため、英俳優のオーランド・ブルームが7年ぶりに公式来日。27日には、都内ホテルで記者会見を行った。

 オーランドといえば2007年、海外の男性ファッション誌のインタビューで創価学会インターナショナルに改宗していたことを告白。06年の来日時には、創価大学を訪問したほか、池田大作会長とも初めて対面。その様子は、同8月7日付の創価学会機関紙「聖教新聞」で大きく報じられていたが、それ以降はオーランドに宗教観についての表立った言動がなかったため、創価説は都市伝説化。しかし今回の会見で、オーランドがいまも熱心な学会員であることが再び証明されたのだという。

「会見で一番に指名されたのが、聖教新聞の記者だったのです。今回の会見では、元妻ミランダ・カーとの離婚など、プライベートに関する質問が一切禁止されていました。その事前策として宣伝会社は、懇意にしている映画専門誌ライターらを中心に質問を仕込んでいたんです。司会者は宣伝会社に指定されていた人物を指名するだけ……という形式です。その中でも、トップバッターで指名されたのが同紙。その記者は質問前に丁寧に媒体名を名乗ったため、会場は静かにざわめきましたね。質問は至って普通の映画のストーリーにまつわるものでしたが、オーランドはご機嫌に。オーランドと直接面識があった記者だったのかもしれません」(映画ライター)

 元妻のミランダも同じく信者であると報じられたこともあったが、オーランドとの離婚後、ミランダ本人は現在クリスチャンであると公表。オーランドの熱心な信仰についていけなかったのでは……との憶測も呼んだ。

「会見ではほかにも、司会者が『“公式としては”7年ぶりの来日です』と、非公式でのプライベート来日はあったことを強調。オーランドが『日本の文化が好き』と話したのも、いちいち意味深だなと感じてしまいました」(同)

 信仰は個人の自由。しかし、公の場で同紙をあからさまにひいきにしたことは、報道陣を多少なりとも驚かせたようだ。

オーランドの笑顔のためにもっと頑張れ聖教新聞

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム