熱狂的なファン対策?

大泉洋、子煩悩アピールに「過去のセックススキャンダル」の翳

ooizumidvd.jpg
『the 波乗りレストラン』

 劇団ひとりの初監督作品『青天の霹靂』で主演を務める大泉洋。映画のPRのためテレビやラジオに出ずっぱりの状態だが、私生活でも超多忙を極めているようだ。

 大泉が意外なプライベートを明かしているのは、現在発売中の女性ファッション誌「LEE」(集英社)6月号でのこと。モデル・浜島直子との対談で、「テレビを見る時間がなくて、今、見てるのは『おかあさんといっしょ』ぐらいですよ」と言い、「今、僕がいちばん会いたいのは、『おかあさんといっしょ』のだいすけおにいさんと、たくみおねえさんだもんな(笑)」と語っている。

 大泉といえば、2010年にフジテレビのドラマプロデューサーである中島久美子氏と結婚。翌年に長女が誕生しており、現在は2歳児のパパ。「僕にしてみたら、レギュラー番組が1本、増えたようなもんなんですよ」と話すほど、撮影の合間に子どもとの時間をやりくりする慌ただしい日々を送っているらしい。確かに、2歳の女の子となればかわいい盛り。大泉もかなりデレデレの様子で、「僕自身が誰より娘と遊びたいから、自分の時間は減ってくわけです」「地方で撮影しているときはネット通話でしゃべるのが僕の唯一の楽しみ」「昨日も、新玉ねぎとベーコンで、ナポリタン的なスパゲティを作ってあげました」と、その子煩悩ぶりを披露。「僕は、早く孫が見たいんですよ」と気が早すぎる発言まで飛び出すほどだ。

 一方で、妻への感謝も忘れない。「男親は、一緒にいる時間が甘やかすばかりだけど、女親は毎日のことだから、厳しくしなきゃいけないこともあるし、ホント大変だと思いますよ」とフォローし、「全国のママたち、えらいなぁと思いますよ」と苦労をねぎらっている。

 しかし、結婚前には、4年間交際していたファンの女性に“都合よく遊ばれた”として、その関係を写真週刊誌「FLASH」(光文社)で暴露されたことも。この記事には、「鏡の前でのセックスを要求された」などという赤裸々な告発もされており、意外にも熱狂的な女性ファンを多く抱える大泉にとっては大打撃だったようで、当時を知る芸能関係者は「大泉本人も所属事務所も、このスキャンダルにかなりナーバスになっていた」と話す。

「最近ではテレビでも子どもへの溺愛ぶりをアピールしていますが、これもイメージ戦略の1つなのかもしれません」(芸能関係者)

 俳優としては安定した人気を誇っている大泉。今後は“やさしいパパ”路線での活躍も増えていくのだろうか。

まったくもってコケる予感しかない映画ですよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと