『シェアハウス わたしたちが他人と住む理由』著者インタビュー(後編)

「仕事と育児の両立は無理」シェアハウスが生んだ、20代女性の結婚・育児・老後

syeahausu02.jpg
表紙も、阿部さん(右)、茂原さん(左)宅で撮影されたとか

(前編はこちら)

――『シェアハウス わたしたちが他人と住む理由』の中に、「結婚したって、シェアハウス?」という章があり、結構ぶっ飛んでる考え方かも……と思いました(笑)。

茂原奈央美さん(以下、茂原) シェアハウスの楽しさゆえに、結婚して子どもを産んでも絶対シェアハウスを続けます! というわけではないですよ(笑)。結婚してからも、シェアの概念を失いたくないということです。

 うちは家事を完全分業型にしていて、掃除担当、洗濯担当など、おのおの得意な家事を担当しています。これがすごく楽なんですよ。私は掃除が大の苦手。シェアハウスをする前までは、「私、こんなに掃除が下手で、結婚できるのか?」と不安になったものですが、今は、「結婚しても、苦手なことを補い合っていけばいいんだ」と思えるようになりましたね。

阿部珠恵さん(以下、阿部) そもそも結婚でいうと、寂しいという孤独感を理由に、結婚したいと思わなくなったかな。「この人と結婚したい!」と思わないと、結婚しないかも。

 それから私も、結婚後もシェアすることを実践したいです。ただ、1つの家に夫婦何組かが一緒に住んでいるというのではなく、隣近所の家同士で仲がいいという形を求めています。例えば、仕事をしながら子育てをすることになったとして、子どもの送り迎えをシェアできる関係性が築ければなと。

茂原 シェアハウスをしたことで、将来への可能性が広がったと感じています。私は子どもを産んでも働き続けたいと思っているんですが、地方出身なので、親に頼ることはできません。現実的に考えて、子どもが小さいうちは時短勤務にするにしても、できる仕事の範囲が制限されるし、それは嫌だなぁと。

 それに、実際に時短で働いている先輩を見ていると、ほかの社員よりも早く上がらなければならない分、すごく集中して働いていて、大変だろうなと思っていました。こんなくたくたになって、さらにこのあと家事と育児……私には、できそうもないな、と。女性のキャリアって、制限だらけだと感じていました。でも、いろんな人と家事をシェアできたら、家事も子どもの送り迎えも分担制にでき、週に4日フルタイムで働けるかもしれない、残業もできるかもしれないと思えたんです。将来を思い描くのが、本当に楽になりましたね。

これからのシェアハウスに要注目ね!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「仕事と育児の両立は無理」シェアハウスが生んだ、20代女性の結婚・育児・老後のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューシェアハウス わたしたちが他人と住む理由のニュースならサイゾーウーマンへ!