[英語でつぶやかナイト!]

【セレブに学ぶネットスラング】ナズ「homie」(地元の仲間)

nas01.jpg
金の鎖の太さ=地元愛の強さ(サイ女調べ)

■「homie」
(日本語訳)地元の仲間、ダチ

【使用例】

nastweet.jpg

 「homie(ホーミー)」は、「homeboy(ホームボーイ)」の進行形であり、ヒップホップ・アーティストの間では、「地元の仲間」「ギャング仲間」「故郷の親友」「ダチ」という意味で使われることが多い。今回、ナズは、「みんな、地元のダチをサポートしようぜ……オレの兄弟@P.ディディのTV局、Revoltをな。革命が放映されるんだぜ!!!!」というツイートで、郷土愛を煽るために「homie」と使っている。ちなみに、「iamdiddy」は、P.ディディのTwitterアカウント名、「Revolt」は、ディディが今年10月に開局するケーブルTVチャンネルのことだ。

 「homie」という言葉は、19世紀後半に多くのアフリカン・アメリカンが大都市に移動した際、同郷の仲間を親愛を込めて「ホームボーイ」と呼び始めたのが短くなり、「homie」となったのが始まりだとされている。ベトナム戦争で、兵士たちが同じ出身地の兵士のことを「ホームボーイ」と呼び分けるようになり、その後、「homie」「home」と呼ぶようになったという説や、ラティーノの若者たちがスペイン語の「奴」という意味の「hombre」を変化させ、「homie」と使うようになったという説もある。警察も、逮捕した若者たちを「homeboy」「homie」と呼ぶことが多いが、この場合、地域を荒らすチンピラやギャングという意味。このように、使う人種やバックグラウンドにより、「homie」のニュアンスは微妙に異なるのだ。

 ヒップホップ界では、ラッパーと観客・ファンをつなげる大事な言葉として「homie」は使われている。大御所ヒップホップグループ、パブリック・エナミーは「黒人の仲間」を指すことが多く、彼らの曲「Can’t Do Nuttin’ For Ya Man」では、「くっそ盛り上がろうぜ、ホーミー(Rock that shit homey)」と使っている。

 ギャングスタ・ラップ黄金時代には、同郷仲間の中でも似た環境の者や同じギャングに属している者を指すことが多く、2Pacの「Lil’ Homies」では、ギャングに入り「かっこよく」イキがるホーミーの姿がリアルに、生き生きと描かれている。一方、P.ディディは、「地元の仲間/ダチ」という意味で親しみを込めて使うことが多く、「It’s All About The Benjamins」では、リル・キムに「アンタたち、ホーミーへの曲だよ(this is for my homies)」とラップさせている。

 なお、「ホーミー」と同じ意味で、「ホームズ(homes)」「ホームスライス(homeslice)」と言うこともあり、ラティーノ・ラッパーがよく使う「ESE」も、同じく「ホーミー」という意味。ホーミーと従兄弟、兄弟を合わせた「CUH(Cousin, Homie, Bro)」という言葉もあるので、覚えておくと何かと便利である。

この記事を読むと脳内BGMが湘南乃風なんだわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!