今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

市原隼人に教えたい「顧客拡大へのモノマネ芸人の有用性」

ichihara01.jpg
眉毛から漏れ出す市原のイキリぶり

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ケツの穴が小さかった市原隼人
 モノマネ芸人に噛みついた市原隼人。自分のモノマネにモノ申すのって、芸能人としてかなりケツの穴が小さい印象である。「俺はあんなじゃない」って、似てなかったら編集の時点でカットされるっての。それが放送されたってことは、傍目に見たら「あんな」感じってことなんですよ。

 そもそも芸能人としては、モノマネされるだけありがたいって話である。キンタロー。の時もそうだったが、モノマネされるまで、市原隼人についてなんか、ファンでもなけりゃ考えたこともなかったはず。それがモノマネを通したとたん、「ああそうそう、こんな感じだったよなー」と、ファン以外でも市原隼人に思いを馳せる時間が増えるのだ。同時に、彼を見る機会も「ご本人登場」として楽しみにするようになる。モノマネって、ファン以外にも顧客を広げる大確変だと思う。イヤならひたすら無視すりゃいいのだ。「モノマネするなッ」「似てない!」ってのは、一番さむい反応だと思う。自分で自分のモノマネをモノマネする、貴乃花レベルの神対応しろとまでは言わないが。モノマネをバカにして舐めてると、損するぞきっと。

◎中西モナ復帰の一報を空目
 「夫に背中を押されて」仕事復帰を表明した中西モナ。最初「夫に背中を刺されて」と読み間違っちゃったわぁ。ま、実質似たようなモンだろうけど。本当に刺されでもしない限り、目にする機会はなさそうである。刺されてみっか。それでも見ないか。終了~。

◎知られざる、パルシステムの牛の名前
 「パルパルパルパルパルシステム♪」のCMでおなじみの、生協の宅配パルシステム。かわいいウシのキャラクターもよく知られている。しかし、あのキャラクターの名前が「こんせんくん」であることはあまり知られていない。なぜに「こんせんくん」。そこは「パルくん」とかでいいだろう。「こんせんくん」の命名の由来は、こんせん地方の出身だから。どこだそれ。北海道らしい。でもパルシステムって、関東地方1都9県の生協から構成されるグループシステムなんだけど。ややこしやー。きっと天下りのじいさんが、巨額の助成金使って、がめつい代理店に依頼して、しょーもないクリエイターの提案で決まったんだろうなぁ。それにしても「こんせん地方」って、一体どこにあるんだ。ガンダーラか。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

市原隼人に教えたい「顧客拡大へのモノマネ芸人の有用性」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! CMキンタロー。コラムこんせんくんパルシステムモノマネ中西モナ今井舞市原隼人週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!