熟女が数字を持っている!?

森公美子特集で19.6%! TBS、視聴率低迷も、金曜日だけは無敵!?

kinsuma_hp.jpg
『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)
公式サイトより

 2012年の視聴率調査で、日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビに次ぐ民放4位を記録してしまったTBSテレビ。同局の石原俊爾社長は昨年10月末、社員全員に「テレビ業界を取り巻く環境は、今後ますます厳しさを増していくものと思われます。そうした中で、私たちTBSは最も厳しい立場に立たされていると言っても過言ではありません」などと叱咤激励の手紙を送付。この異例の出来事は、週刊誌などでも取り上げられた。

 昨年はドラマ『レジデント~5人の研修医』『MONSTERS』、北野武&とんねるず・石橋貴明を起用した『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』などの低視聴率がネット上でも話題となっていたが、現在放送中の番組の視聴率は、一体いかほどのものなのだろうか。直近の視聴率データを元に、プライムタイム(午後7~11時)に放送されている番組(主にバラエティ番組)を対象に分析していきたい。

■プライムタイムに4.9%、4.5%、7.3%……TBS“魔の火曜日”

 全曜日の中で打ち切りラインと言えるのは『イカさま☆タコさま』『爆笑学園ナセバナ~ル!』『火曜曲!』の3番組。『イカさま☆タコさま』は、午後11時台などの放送を経て、昨年10月から木曜午後8時に放送されているが、放送開始当初から一桁台を連発し、今年第1回目の放送となった1月24日のSPでは6.8%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録。翌週の通常放送では4.9%とさらに数字を下げた。

 また、火曜日に放送されている『爆笑学園ナセバナ~ル!』(7時56分~)、『火曜曲!』(9時~)もそれぞれ伸び悩んでおり、1月22日には両番組が続けて2時間SPを放送したが、5.4%、7.8%とどちらも一桁台に終わった。2月5日の火曜日には、7時からの『もてもてナインティナイン』がかろうじて10.3%の二桁を獲得したものの、『ナセバナ~ル』は4.9%、『火曜曲』が4.5%、そして10時からの『リンカーン』が7.3%と、プライムタイムの4番組中3番組が一桁台という悲惨な状態に。テレビ東京にも負け、プライム帯最下位になる日も多く、同局にとっては“魔の火曜日”といえるだろう。

 このほかにも、平日では、水曜午後7時からの特番『水トク!』と9時からの『水曜プレミアシネマ』が両方とも一桁台を獲ることも少なくない。今年3月で終了が予定されている木曜10時の『ひみつの嵐ちゃん』も一桁台後半のため、月~木までは不調なのがTBSの特徴だ。

■TBSは金曜日に強い! 藤山直美が17.9%を獲得

 一方、TBSにとって頼みの綱となっているのが、金曜日の番組だ。平日は“お通夜ムード”といえるラインナップだが、金曜日は7時から『爆報!THE フライデー』『ぴったんこカン・カン』『中居正広の金曜日のスマたちへ』と続き、いずれも10~20%近くに届くなど、比較的に高い数字を維持している。

 爆笑問題がメインMCを務め、田原俊彦がスペシャルMCとして出演している『爆報!』は、直近で10~12%、次の『ぴったんこ』は1月11日に13.1%、同18日は14.3%、そして伝説の喜劇俳優・藤山寛美を父に持つ藤山直美がゲストの2月1日には、17.9%と同時間帯トップの高視聴率を記録。今をときめくAKB48や嵐を起用した番組が一桁台とくすぶる中、若者にはあまりなじみのない演技派女優・藤山をメインにした回で突出した視聴率を稼げているのは、興味深い結果である。

 そして、旬のゲストを招くことも多い『金スマ』は、1月11日の2時間SPで「ロングブレスダイエット」に挑戦した森公美子を特集し、19.6%を獲得。同25日のSPでは、昨年末の『NHK紅白歌合戦』で「ヨイトマケの唄」を披露し話題をさらった美輪明宏を取り上げ、19.3%と他局に圧勝していた。

 また、TBSが好調なのは金曜だけでなく、実は土日も健闘している。2月2日の土曜日には、ネプチューンがMCの『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』が初回2時間SPで11.6%、9時からの『日立 世界ふしぎ発見!,』は12.1%。日曜は『さんまのスーパーからくりTV』『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』は一桁ではあるものの、9時からのドラマ『とんび』が12%に届いているため、平日に比べれば稼げている方だろう。

 このように、一桁台前半が頻発する月~木とは打って変わり、TBSの生命線となっているのはいずれの番組も好調な金曜日だ。10月からは「既存番組の枠移行とバラエティ番組の強化」をテーマに大幅な改編を試みたばかりのTBS。全体的にみると、やはり残念ながら低空飛行といわざるを得ないが、各曜日とも金曜日のような盛り上がりをみせることに期待したい。

アイドルたち、食われるぞ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー