今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

「子どものおやつ事情」にすげない木村太郎、その時安藤優子は……

kimuratarou.JPG
『スーパーニュース』(フジテレビ系)
オフィシャルサイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎空気の読めない男・木村太郎
 『スーパーニュース』(フジテレビ系)の「子どものおやつ事情」特集のVTR明け、カメラがスタジオに入ってきた時のこと。「子ども時代、どんなおやつを食べていたか」の話題になり、安藤優子が木村太郎に「どんなの食べてましたか?」と話を振った。こういうたわいもない話題の時の、木村太郎の愛想のなさ、木で鼻を括ったような物言い、全てを「まったく最近の若いモンは」に結び付ける言及の安直さは目に余るものがあったが。もちろんここでも「子どもの頃? 何も食べる物がありませんでしたね」とケンもほろろ。それ言い放った後の、スタジオの空気一切考えずは相変わらず。それを受けた安藤優子の「……こういう人が一番長生きするんですよねー」の一言が味わい深かった。仲悪そうだなぁ。一方的に木村太郎に非があるように見えるのが、安藤優子にはラッキーか。本当はなかなかのタマだろうに。まるでギスギスした舅と嫁みたいな『スーパーニュース』。最新のニュースと重たい空気を届けるべく、今日もせっせと鋭意放送中だ。

◎左手薬指に輝く奴の影
 「タレントたちがどんな文字を書くか」という企画で、『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』(テレビ朝日系)に出ていた西山茉希。ま、文字は汚くもなくキレイでもなくフツーだったが。文字を楽屋で書いてたので、西山は私服姿だったのが、左手薬指に指輪をしていた。いつの収録だ。ま、それはいいのだが。その指輪が、ゴツくて男モノみたいで、およそ女のコが喜びそうな感じじゃないデザインだったもんで、なんか早乙女太一の影というか、「マインドコントロール」の感しきり。まあゴツい分、地金は多そう。コメ兵に売ってリスタートするもよし。大事に眺めて泣き暮らすもよし。「DV被害者タレント枠」としては、どっちに転んでもある意味正解。使い道はほぼないが。

◎有名人の葬式に新定番
 このところ、有名人の葬儀でよく見る王貞治。自己主張控えめな、正統派の弔辞といい、囲み取材での模範的な偲び具合といい、王さんがいると葬式の格が上がるな。この葬式映えする感じ、何かに似てると思ったら森繁久弥だ。「先に逝かれた感」もよく出てるし。王さんには、二代目森繁として、今後も末永く日本葬式界を牽引していってほしいものである。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク