どんだけ声デカいの~??

セックス三昧のデミ・ムーア、うるさすぎてホテルから追い出されそうに!

DemiMoore03.jpg
「シーッ! あえぎ声で追い出されちゃうわよ!」

 1年以上の別居生活を送っている夫のアシュトン・カッチャー(34)から離婚を申請されてからというもの、狂ったようにパーティーする姿がパパラッチされているデミ・ムーア(50)。アシュトンよりもさらに若い恋人を捕獲したとも報じられたが、どうやらステディな関係は求めていないようだ。滞在しているメキシコのリゾートで「28~33歳」とターゲットを絞って、ナイスボディの青年たちを物色し、夜な夜な激しい性交渉をしていると伝えられている。

 米タブロイド誌「Star」によると、一般的に、息子ほどの年齢の男性を恋人に選ぶのは「危なっかしい性格」「いつまでも若々しくいたいという願望」「何事においても征服感を得られる」からだと言わてれいる。しかし、デミの場合は「純粋に若く美しい体を持った青年たちとのセックスを楽しみたい」という気持ちが強いようだと報じている。

 デミは年末年始の休暇を利用し、メキシコのアマンサラでブートキャンプに参加中。エクササイズ好きのデミは、このキャンプで行われるヨガやズンバなどを通して健康美を手に入れたいと思ったようである。しかし、デミの興味はすぐに美しい肉体美を持つ青年たちに移り、彼らと毎晩のように激しいセックスを楽しむようになったとのこと。特定の子はおらず、28~33歳の青年をターゲットに、とっかえひっかえベッドに誘っているのだという。ビーチリゾートというロケーションであることから開放的な気分になっているのか、デミのセックスはとてもうるさく、ほかの客からの苦情が相次ぎ、部屋を追い出されそうになったらしい。

 なお、このブートキャンプには50歳代の男性が3~4人ほど参加しているそうだが、デミは目もくれず言葉も交わそうとしないとのこと。「Star」に情報を提供した消息筋は、「ほかの客はデミのことを、『双極性障害(躁うつ病)とまでは言わないけれど、気分のムラがとても激しい』『雰囲気をぶち壊す』と述べ、彼女が精神的に不安定であることを証言している」と言っている。

 デミはアシュトンと破局後も、常に年下狙いだと報じられてきた。昨年夏には12歳年下のニュージーランド出身の俳優マーティン・ヘンダーソンとデートする姿が頻繁に目撃され、冬には映画監督/画家であるジュリアン・シュナーベルの息子でデミより24歳も年下のヴィト・シュナーベルと交際しているとの情報が流れた。26歳のヴィトはデミとの交際を否定したものの、その後もパーティーやイベントで2人がベタベタしている姿が目撃されている。

 青年たちの極上のエキスを吸い取り、さらなる若さを手に入れるつもりともウワサされているデミ。新年早々、彼女の精神状態が心配になるニュースだが、一刻も早く心の平穏を取り戻し、女優業で当たり役を手に入れることを祈ってやまない。

デミ姐は、ハァハァじゃなくて遠吠えレヴェル!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー