[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

「イエ~!! ラブラブしましょ~!!」60代のばあさんと、たった4人でカーニバル


(C)安彦麻理絵

 昼間、豚キムチを作って食べた。腹がふくれたら急に眠くなり、気がついたら床の上に転がって寝てしまってた……まったく、いいご身分である。目が覚めて鏡を見たら、寝癖で髪の毛が右半分、グワっと立ち上がってるような状態になっていた。それはなんとなく「西田敏行の寝起きを彷彿とさせるような寝癖」であった。そういえば、なんだか訳のわからない夢まで見ていた。山形の実家の台所で、何故か私がパンストを履こうとしているのだが、どういうわけだか、なかなかうまく履く事ができない、という夢……。……一体その夢に、どんな意味が含まれていたのか。まぁ実生活では、ほとんど「パンスト」とは縁のない生活をしている私である。「それなのに、何故パンスト……?」などと、寝癖&寝ぼけた顔でタバコを吸っていたのだが。

 何故だかぼんやりと、私が今やってる仕事、ブス本エッセイの担当編集の女の顔が頭に浮かんだ。彼女は、女優の菊川怜にかなり似ている。なんて言うか、「パンストを履く人生をやめた菊川怜」といった感じの女なのである。……あら? それでもしかして、パンスト? パンストの夢って、まさか「そういう意味」なのかしら……? 私は思った。さっき見た夢は、原稿があまりにも遅い私に担当編集が送ってきた念……? 「パンスト」というキーワードを隠れ蓑にして、さりげなく自分を思い出させて、夢の中で原稿の催促、という事だったのだろうか? よくわからないこじつけで、点と点を一本の線で結び、「そういえば」と、私は別の知人の事も思い出した。その子は、風呂とか寝てる時以外は、いつ何時でもパンストを履いてる女の子だった。ジーンズを履いてる時も、当然のように、その下にはパンストを履いていた。彼女は今も、パンストから逃れられない人生を送ってるのだろうか? そして日本には、こんな「パンスト狂い」の女って、多分いっぱいいるんだろうな、と思った。

 ところで最近、都内のカルチャースクールで「ズンバ」をお試し体験してきた。「ズンバって何だ?」「マリエがズンバ?」友人の中には「ダンベ?」などと聞き間違える輩もいたが。ズンバとは、ラテンのりのエアロビみたいなもん、である。「婦人公論」(中央公論新社)に連載されてる伊藤比呂美さんのエッセイの中で、初めてズンバの存在を知った。伊藤さんは週6ぐらい通い詰めるほどの「ズンバ・フリーク」なんだそうである。

「あの、伊藤比呂美さんがそこまで夢中になるんなら……」

 こうなると、是非自分も体験したくなってくる。それに、最近友人から、口が酸っぱくなるほどに「アンタ、ガス抜きした方がいいよ!!」と言われているので、なんだか、丁度いいタイミングである。仕事も煮詰まって頭がガチガチになっていたので、これ幸いにと、私はズンバを体験してみる事にした。……で。平日の日中行ったのがマズかったのかもしれない……なんと。ズンバ教室のメンバーは先生と、ずっと通ってるらしい生徒の女性(40代後半)、そして私ともう1人、お試しで来た若い女性の計4人だけだったのである。

「……ネットの画像では、ズンバ教室って、もっと人がいっぱいいて、リオのカーニバルっぽかったような気がしたけど……4人!!!???」

 たった4 人でカーニバルである……そして。それに追い打ちをかけるように、先生がかなりすごかった。彼女は、後ろから見るとまるで20代のようだった。赤いダンスウェアに、イキのいいポニーテール。しかし。振り向くとこれが「60代のおばあさん」なのである。真っ赤なルージュに激しい水色のアイシャドー。まるで『サザエさん』の漫画に出てくるみたいな……マスオとノリスケが騙されて、うっかり入ったバーのホステスがババアだらけ、みたいな、そんなシーンを思い出すような衝撃であった……とはいえ。見た目はそんなふうでも、さすが「先生」である。キレのいいダンスに、まるで「酒とタバコでつぶした」みたいなダミ声で「イエ~~~っ!!」「ラブラブしまっしょ~~~!!!!」などと叫んで、汗だくになってガンガン踊っているのだ(……参加メンバーは先生も含め、たったの4人である)。

 そして、当の私はといえば。これがもう、まるでダメ。まったくダメ。体がぜんぜん動かないのだ。以前、鍼灸師をしている人から「頭と体は、両方とも、バランス良く使ってあげないとダメなんだよ」と、言われた事があったのだが。何だか、腹の底から、そのセリフを痛感してしまった。とにかく私は、日々、普段から「頭ばっかり」使い過ぎなのである。それはもう、寝る時まで頭の中で色々考え過ぎて、布団に入って1時間以上寝られないなんてザラである。とにかく、頭が「カラッポ」になる瞬間がないのである。日々、頭ばっかり酷使して、脳みそがガチガチの状態。で、体は全然使わないもんだから、ブヨブヨに退化しつつある。

 今回、初めてズンバを体験して、私は本当にショックを受けた。毎日、そんな生活をしてるもんだから、一応踊ってるにもかかわらず、ぜんぜん頭がカラッポにならないのだ。
1時間のお試し体験が終了して、私はつくづく思った……。

「……なんか、1時間じゃ全然足りないよ!!」
「多分コレ、5時間連続くらいでやらないと、私の頭はカラになってくれない!!」

 ……なんだか「全然射精しきれてない」ような、そんな気分を味わった私。先生および、ほかの2人のメンバーは、だいぶ汗をかいてスッキリしてる様子である。……ズンバ、無惨……私の初めてのズンバ体験は、こんなふうに不発に終わった。しかし、改めて色々考えさせられた、いい経験にもなった。今後は、頭をカラッポにする時間を作るように努力しよう。なにしろ、頭がガチガチだと、骨盤もガチガチになって、ロクなババアにならねぇだろ、という気がする。で、肝心のズンバだが。ここの教室に入会するのは、とりあえず見送る事にする。

パッケージのテンションたけー!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!