私も海外で謹慎したい

マリエ、“謹慎終了”で芸能界復帰へ……海外留学はレプロの常套手段だった?

marieblog.jpg
マリエ公式ブログより

 昨年秋頃からすっかり姿を見なくなっていたマリエが、来月から本格的に芸能界復帰を果たすという。相次いだ番組降板と突然の留学発表で、「失言で干されたのか?」とも言われていたマリエ。周辺を探ると、どうやらその憶測通りだったということが判明した。

 マリエの“失言”というのは昨年3月、東日本大震災に関してTwitter上で行われた発言のこと。「くだらね、世の中チャリティ産業かょ!?」と始まって「こっちは(編注・被災地支援に)いきたくったっていけなんだよ。金だけだせばいいとおもいやがって」「こっちはいろんなところから募金です金くださいってれんらくがたえなくってこまってんだよ!」などとつづっていた。

「この発言は即削除されて、後日ブログには謝罪文も掲載されました。マリエの言い分は『有名人であれば、支援金よりも実際に被災地を訪れることの方が有益』というもので、理解できる部分もあるのですが、その言い方が問題視されました。多額の支援金を用意した芸能界全体にツバを吐いたも同然ですし、多くの被災者もこのツイートを目にしていい気にはなりませんよ」(芸能プロ関係者)

 この一件から夏にかけて、マリエはすべてのレギュラー番組を降板することに。10月にはファッションの勉強のためにニューヨークの美術大学に留学することも発表されたが、やはりそれは表向きの理由だった。「実際は海外での生活を余儀なくされた」(同)のだという。不祥事を起こしたタレントに「海外留学」などの建前の元、1年ほど活動を禁止させるやり方は、芸能界ではわりとポピュラーなペナルティのようだ。

「男性問題でAKB48を解雇された小野恵令奈も同じパターン。マリエと小野は同じレプロエンタテインメント所属で、小野も騒動後に『海外留学』をするとして、1年間の謹慎期間=活動休止状態となっていました。ちなみに『謹慎期間』という制度を最初に作ったのは大手プロWと言われており、同社から移籍する際は、タレントだけでなく、マネジャーや現場スタッフまで1年間の謹慎を挟まなければ業界復帰ができません」(週刊誌デスク)

そして1年のみそぎを済ませたマリエについて、「先月辺りから所属事務所のレプロ関係者が『7月から本格的に復帰なのでよろしくお願いします』と挨拶まわりをしていました。マリエは現在帰国の準備中で、7月以降はバラエティ番組などにも出演再開するようです」(テレビ局関係者)

 セレブで毒舌キャラとして活躍したマリエだったが、約1年の謹慎期間中、芸能界にはローラやトリンドル玲奈といった新たなハーフ美女たちがブレイクを遂げている。身をもって「物言えば唇寒し秋の風」を経験してしまったマリエは、どんな立ち振舞で再スタートを切るのだろうか。

『「女性のための」一人でステイする海外マニュアル』

コラボネーゼも終了しちゃったしねぇ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「明らかにおかしな部分が存在する」元AKB48 小野恵令奈の復帰の舞台裏
「絶対許さない、ファーック!」 マリエが捨て台詞を吐きショー会場を退席
本格始動した、「フィールズ」会長の娘で「JELLY」看板モデル・山本優希
酒焼け声とマリエのコラボが体現した、リアルな夜遊びオンナ像
“ジャニーズ並みの取材規制”の大手プロが悩む、チャリティーイベント報道

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム