またマリエがキレちゃった

「絶対許さない、ファーック!」 マリエが捨て台詞を吐きショー会場を退席

marie.jpg
『マリエ系』/講談社

 9月18日に代々木競技場第一体育館で開催された、総合ガールズイベント「Girls Award」。「渋谷からアジアへ。そして世界へ」をテーマに誕生したイベントで、今年5月に行われた1回目に次ぎ、今回で2回目の開催となった。加賀美セイラ、藤井リナ、木下優樹菜、富永愛ら人気モデルが出演し、倖田來未や少女時代などがライブを披露、大盛況で幕を閉じた。しかし、当日の舞台裏では空気が凍り付くような事態が起こっていたという。

「今や日本屈指の人気イベントですからね、ステージでは本番に備えて朝早くから入念なリハーサルが行われていました。ジーパンにグレーのTシャツ姿にノーメークで会場入りしたマリエさんは控え室に入り、関係者らと入念な打ち合わせをしていました。事前の会見や取材でも”みんな私を見に来てください”と意気込んでいたので、かなり気合いが入っているようでした」(スタイリスト)

 しかし、1ステージのリハーサルを終えて、数分後に惨劇はおこった。

「1ステージのリハーサル後、すぐに次のリハーサルが始まったんです。舞台スタッフがマリエさんを呼びに行ったのですが、姿が見えず、時間も押していたので女性スタッフを代役にしてリハーサルを進めていたんですが……。その様子を控え室のモニターで見ていたマリエさんが、”なんで私がここにいるのに始まってるの!!”って激怒したんです」(前出・関係者)

 スタッフが説明と謝罪を繰り返しても、マリエの怒りは収まらず、ブチ切れて途中退席してしまったと言う。

「もうヒヤヒヤでした。マリエさんが”絶対許さない、ファーック!”って大声で叫んで会場から出て行ってしまったんです。その瞬間、会場は静まりかえりました」(目撃した関係者)

 舞台演出者や主催者は頭を抱えていたという。それもそのはず、

「マリエさんでオープニングを飾る計画になっていたんです。このままではスタートできない、と頭を抱え、大幅な予定変更を余儀なくされる直前に、”ファーック!”って叫びながら、ガラスの扉を足で蹴りあげマリエさんが戻ってきたんです。出て行ってから5時間が経っていました」(芸能事務所関係者)

 しかし、結局ステージはマリエ騒動の影響もあり遅れてスタート。会場に詰めかけたファンは舞台裏でそんな事件が起こっていたとは知るよしもなかっただろう。マリエのモデルとしてのプロ意識のなさは、今回で主催者側も痛感したことだろう。

『マリエ系 (講談社MOOK ViViの本) [ムック]』

実際見たら、鼻超高かった!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
潔癖症で不幸!? 芸能界での居場所を探すマリエの必死な”形相”
犬猿のマリエ&益若を尻目に、新カリスマモデルが誕生
イケメンハーフモデルJOYに徹子大はしゃぎ! 相性抜群なトークの秘密

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク