復帰のときはウラを疑え!

「明らかにおかしな部分が存在する」元AKB48 小野恵令奈の復帰の舞台裏

akb48.jpg
誰が残って誰がいなくなったのか把握不可能

 先日、芸能事務所「レプロエンタテインメント」からの再始動が発表された元AKB48メンバーの小野恵令奈。「海外留学」のためAKBを卒業したはずの彼女だが、復帰を宣言したブログでは「真剣に留学を考えたこともあります」と実際には留学していないと捉えられる内容を綴っている。

 AKBの公式ブログでも小野の活動再開が発表されるという、異例の好待遇で大手事務所から再スタートを切った小野だったが、ネット上では「結局留学しなかったのかよ」と、早くも批判の声があがっている。

 AKBの二期生で、その愛くるしいビジュアルから「妹キャラ」として人気メンバーだった小野。12枚目のシングル「涙サプライズ!」のカップリングにはグループで初めてソロ曲が収録される大抜擢を受けたほどだった。またAKBとして活躍する傍ら、映画やテレビドラマに出演し、女優業にも挑戦。特に昨年6月に公開された映画『さんかく』では、高岡蒼甫演じる主人公を翻弄する小悪魔的ヒロインを演じて高評価を得た。自身もこの作品の出演を機に、本格的に女優の勉強をしたいと決意したという。

 そして昨年7月に行われたコンサートで、小野は「海外へ留学するためにAKB48を卒業します」と自ら発表。活動休止前に出演したイベントでは「また戻って来るので、見捨てないでください」と、女優として大きくなって帰ってくることを誓っていた

「表面上は『留学のために卒業』と発表しましたが、男関係でクビにされたというのが事実だそうです。ヴィジュアル系バンド『彩冷える』のメンバーとかなり親しい関係にあり、再三の注意があったもののどうにもならなかったようですね。AKBは異性交際禁止を掲げているとはいえ、大島優子や前田敦子のように男性関係が報道されてもクビにならないことが多い。それなりの事をしないとクビにはなりません」(テレビ局関係者)

 活動休止後の小野は都内での目撃談も多く、プリクラの流出や男関係のネタも絶えなかった。また、今回の復帰にあたり決定した事務所についても思惑が見て取れるという。

「異性とのスキャンダルでダメになった芸能人はバーニング系に拾ってもらうのが定石。平野綾もその例です。今回小野が復帰したレプロにしてもバーニング系列の大手ですし、業界の力学が作用しているのでは。明らかにおかしな部分が存在する小野の復帰ですが、表立って叩くのも難しい状況です」(週刊誌記者)

 それでも小野の復帰を喜ぶファンも多い一方で、「都合よすぎ」「なんか裏切られた感じ」「あれだけファンやメンバーを悲しませたのに……」と、かつてのファンはシビアな反応だ。活動休止後、一般人だった頃の男関係がスキャンダルとなって噴出しないよう今後は気を引き締めた方がいいかもしれない。

『さんかく 特別版(2枚組) [DVD] 』

拾ってもらったご恩は忘れないようにね☆

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
東スポに”借り”を作った? AKB48・板野友美の”そっくりさん事件”のウラ
AKB48ばかりで飽きてしまったんですが、どうにかなりませんか?
ネガティブな前田敦子と空回りする『情熱大陸』ナレーション

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク