合成ドラッグの怖さ

あわやマイアミ人食い事件の二の舞い! バス・ソルト摂取の母親が子どもに暴行

gouseidragi.jpg
『合成ドラッグ』(白水社)

 世界を震撼させたマイアミの人食い事件で、一躍注目を集めるようになったバス・ソルト。入浴剤という名で呼ばれているが、実は合成覚せい剤で、摂取すると服を脱ぎ捨て全裸で凶暴化してしまうのが特徴だという。簡単に手に入るため若者の間ではやっているとも伝えられており、これからも類似した事件が起こるのではないかと、人々を不安と恐怖に陥れている。

 12日にニューヨークで発生した「35歳の母親が幼い我が子にひどい虐待を加え、唸り声を上げながら全裸で駆け回る」という事件も、バス・ソルトが関係している可能性が高いと報じられており、全米を震撼させている。

 問題の事件が起きたのは12日の夜。ニューヨーク州マディソン郡の小さな村に住む35歳のパメラ・マッカーシーが、3歳になる息子を叩いたり、首を絞めたりしているところを近隣住民が目撃し、警察に通報。子どもは父親によって助け出され病院に搬送されたが、幸い軽症で順調に回復しているとのこと。一方で警察に激しく抵抗したパメラは、テーザー銃を浴び、搬送先の病院で死亡した。

 地元テレビ局「YNN-TV」の取材に応じた近隣住民は、「唸り声や子どもが泣き叫ぶ声が聞こえたので外に出てみたら、パメラが地面に寝転がり、3歳になる子どもを腕に抱きながら激しく叩きまくっていた」と説明。騒ぎを聞きつけたパメラのボーイフレンドで、子どもの父親であるジェイソン・ウィリアムズが救助したのだが、その間、パメラは盾になった近隣住民を攻撃。住民は、「顔を引っかかれて髪の毛をわしづかみにされた」と振り返っている。パメラは、その直後、服を脱ぎ捨て全裸になり、子どもを奪おうと追いかけてきたそうで、その様子を撮影した写真は全国放送のニュース番組でも流れ、全米を震え上がらせた。

 ジェイソンは、ABCニュースの取材に対して、「自分の目が信じられなかった」とコメント。芸能ゴシップサイト「RadarOnline」によると、ジェイソンはパメラを捕まえようと追いかけたが、すばしっこすぎてギブアップしてしまったという。目撃者は「YNN-TV」の取材に対して、「彼女は道のあちこちを駆け回って、人を追いかけ回したりもしていた。そのうち、飼い犬のうちの1匹を捕まえ、道の上を転がりだして。よく見ると、足で犬の首を絞めていた」と、顔をしかめながら語った。ほかにも、「(パメラは)階段の上から落ちてコンクリに体をたたきつけていたけど、何事もなかったかのように、ムクッと立ち上がった」という目撃証言も出ている。

 現場に急行した警察官は、「彼女は支離滅裂で、自分の身に何が起こっているのか理解できていない様子だった」「何を言っているのかもわからない状態だった」と述べ、トウガラシスプレーなど、あの手この手を使って捕まえようとしたが、凶暴で暴れたため、かなりてこずったことを明かした。マイアミでホームレス男性の顔をかみちぎったルディ・ユージーン容疑者同様、逮捕しようと近づいた警察官らの向かって唸り声を上げ、かみつこうとしたとも伝えられている。警察は、最終的にテーザー銃と呼ばれる電気銃でパメラを倒した。彼女は搬送先の病院で死亡しているが、この銃に殺傷力はなく、彼女は心臓病の手術を受けていたため、それが原因で亡くなったのではないかとみられている。

 薬物依存症であるパメラはこれまで頻繁に警察の世話になっており、バス・ソルトでハイになっているところを捕まえられたことも何度もあるとのこと。今回も、バス・ソルトを摂取した上での事件だとみて間違いないと報じられている。

 バス・ソルトは酒屋やガソリンスタンド、コンビニエンスストアなどで販売されており、ビールやタバコと同じ感覚で、成人ならば誰もが購入できる合法ドラッグとして分類されてきた。入浴剤というのは、麻薬売人が「聞こえがいいから」つけたもので、覚せい剤に近い感覚が味わえる強い麻薬である。

 バス・ソルトを摂取すると、胸が痛くなり、幻覚やパラノイアなど精神的に異常をきたすとのこと。超人的なパワーがついたと思い、人を殺したり、自殺願望が強くなることもあるという。服を脱ぎ捨てるのは、体温が急上昇するからであり、内臓が沸騰しているように感じるからだといわれている。依存性が強い薬物なのかは定かではないが、効き目が長続きすることもあり、摂取後数日間は大変危険だと伝えられている。

 オンラインで15ドル前後というお手軽価格で販売されており、店ではそれ以下の低価格で出回っているため、若者を中心に手を出す者が増えているという。実は、マイアミの事件前から問題視されており、多くの州では販売が禁じられている。しかし、カリフォルニア州などいくつかの州ではいまだ合法となっており、そのため違法である州の住民も簡単に手に入れることができる。

 今回、子どもが母親に食いちぎられずに済んだのは、不幸中の幸いだったといえよう。しかし、一日も早く全米中に禁止令を出さなければ、マイアミと同じゾンビ事件は必ず起こるだろうと、米大手メディアはこぞって警鐘を鳴らしている。

『合成ドラッグ』

怖い!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
『アグリー・ベティ』俳優による頭部切断殺人事件、あの秘密結社に接触?
メル・ギブソンの病的な反ユダヤ主義発言を収めた手紙が公開され、大騒動に
Twitterで禁止用語連発のサミュエル・L・ジャクソン、出演作批評にブチ切れ!
Facebookが大病を患う赤ん坊の写真を「不適切」と削除し、非難される
セクシー路線ばく進中のコートニー・ストッデン、今度は野菜を勃起させる!



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

あわやマイアミ人食い事件の二の舞い! バス・ソルト摂取の母親が子どもに暴行のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!