紀香とか淳も出るのかな

現実味を帯びる政界進出……たむらけんじ、身辺整理に伴い離婚間近

tamurakenji.jpg
「たむらけんじの東京で売れてる芸人
犬に噛まれろ!!」(竹書房)

 お笑い芸人たむらけんじが、いよいよ離婚を発表しそうだ。6日発売の「週刊現代」(講談社)では、橋下徹氏が率いる「維新の会」幹部がたむらに接触、「ぜひ政治の世界に挑戦したい」と回答したと報じられた。

 たむらは橋下氏と直談判して「政治に興味がある」と打ち明けており、同会も来たる衆院選に向けて”目玉候補”としてたむらに出馬してほしい意向のようだが、その前に必要になってくるのが”精算”だという。

「夫婦関係についてですよ。現在たむらは夫人や3人の子どもとは別居中で、昨年1月に『離婚へ』と報じられていました。かねてから大阪市内で、モデル風美女とゴルフ場でデートしている田村の様子が目撃されており、離婚原因についてもたむらの浮気という見方が強まっています」(週刊誌記者)

 昨年の段階で弁護士を通じた話し合いが始まっており、離婚はすぐに決着するとみられていたが、報道からすでに1年以上が経過した。そして、ここへきて政界進出の話が浮上したことにより、いよいよ離婚の”Xデー”も近づいてきているようだ。

「年明けくらいに『ようやく話し合いがついたようだ』という話を聞きました。たむらの妻や子どもに有利な条件で、養育費の金額も相当なものだという話です。政界進出にあたって、離婚直後とあっては相当イメージが低下するでしょうから、しこりをまったく残さず次のステップに進むためにも破格の好条件を提出したのでしょうね」(前出記者)

 たむらといえばオーナーを務める「炭火焼肉たむら」のイメージも強いが、同店舗の1号店は、そもそも妻の母親が経営していたという。不況のあおりで一時は閉店状態だったが、たむらがコネクションを駆使して再オープンにこぎ着けたのだという。

吉本関係者によると、たむら本人は再オープンに際して出資した人物への感謝もあるが、同じくらい義母や妻に対しても「自分をここまで大きくするきっかけを与えてくれた」という気持ちを持っているという。

 こういった事情もあり、今後も焼肉店は手放すことなく営業を続ける意向だそう。そして離婚に関するさまざまな問題が解消された時、いよいよ本格的にたむらの出馬報道がなされることになりそうだ。

『たむらけんじの東京で売れてる芸人 犬に噛まれろ!!』

目玉候補ってカテゴリがあることがおかしいから!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
藤本美貴&庄司智春「ナイス・カップル」、夫婦揃って警察沙汰に
「あの松本人志もオススメ」セールスフレーズ化する松ちゃんの言葉
「ん~~~……感謝」 ピュア系俳優藤岡弘、の”面倒くさい”料理番組
ミキティオーナーの飲食店がオープン!  大モメ小倉優子の後釜だった!?
強引取材が警察沙汰に! 『ミヤネ屋』に各方面からクレーム殺到

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー