[年末特別企画]駅伝マニア座談会

沿道でハァハァ? 箱根オタク女子によるイケメン目線の「駅伝」徹底解剖!

 箱根駅伝をイケメンという切り口で斬る、という少々無茶な試みで始まったこの座談会。オタ女たちのマニアックなこだわりは時に冴えわたり時に暴走し、箱根の山をかけめぐりそうな勢い。後半はより濃厚に、個性派男子にも注目。とにかく、濃いです!

(前編はこちら)

■「アッキー&翼」なるコンビも

kasiwabara.jpg

オタ女O キャラで目立つのは、やっぱりカッシーこと柏原竜二くん。新・山の神は今や箱根駅伝の象徴。東洋大はカッシーの銅像を建ててもいいくらい!

スポ観W 確かに走りのインパクトは強いけど、あのお顔はねえ……。

陸マニK でも人気がすごいですよ。mixiのファンコミュニティでも柏原コミュは2,200人くらいいて国内外の選手でダントツ。それに競技を外れたらかなりナイーブみたい。商店街を歩いてても目立つから「あ、柏原だ!」とか指差されて傷ついちゃう、ということもあったらしいし。寮で漫画やアニメを楽しむのが好きなオタクぶりを隠さないのも好感度高いです。

オタ女O そのカッシーに前回山で抜かれて思わず笑っちゃった東海大の早川翼くんもいいキャラ。癒し系な感じ。

陸マニK 早川くんは同学年なのに高校時代から村沢明伸くんが憧れの人で、村沢くんを追っかけて東海に入学した逸話の持ち主。ガンプラをレジに持っていくのが恥ずかしい村沢くんの代わりにお会計してあげるとか、尽くす女と男の関係みたいなの(笑)。「アッキー&翼」と呼びコンビで応援してるファンもいるんです。

スポ観W 私は早稲田の大迫傑くんの生意気キャラがいいな。1区で区間賞を取った時インタビューでニコリともしないで、「狙っていたので狙い通りです」と言ってたから、「何だこの不遜な態度の子は!?」と思い、ネットでインタビューを拾い読みをするうちにどんどん深みにハマる罠。

オタ女O お人形みたいなきれいな顔してるのに、生意気だなんて大迫くんたら何て乙女ゲーのキャラ!? って感じ(笑)。

陸マニK 大迫くんは元々5,000mのトラック競技志向で、駅伝はチームに協力するっていうスタンスだからそういう態度になってしまうんですかね。スピード重視の5,000mと距離を積む箱根の練習は相容れない部分もあるので、監督も本人を納得させるのに大変だった……みたいなことを、雑誌のインタビューで言ってました。もちろんトラックでも結果を出しているのですが。

イケ好Y Kさん、一人ひとりの選手に対するウンチクがあふれるように出てきてスゴイ……。

スポ観W あと、前回10区のシード争いでコースを間違えちゃった國學院大の寺田夏生くんはキャラが強い! あの劇画調の顔で「あぶねーっ!」って叫んだのがインパクトありまくりで。

陸マニK 今年初登場のキャラで注目なのが、不思議ちゃんな国士館大の藤本拓くん。お菓子大好きでレース前にチョコ食べて歯が欠けたとか(笑)。予選会前に坊主頭にしてきたりとトリッキーな行動から目が離せません。

■選手名鑑は妄想の糧!?

ekiden02.jpg
箱根駅伝だけでこんなにあります

陸マニK 選手の個性に注目してみると箱根駅伝はぐっと面白くなりますよね。そして、選手の個性を知るのに最適なのが選手名鑑です!

オタ女O 私は箱根後のスポーツ新聞は集めてたけど、選手名鑑は買ったことなかったわ。確かに出身校から身長・体重……って趣味まで書いてあるけど、誰得(笑)!

イケ好Y 付録の「箱根駅伝予想テスト」って、これ予想タイムを記入したりするんですか? プロすぎるわ! 

陸マニK 『箱根駅伝』主催の読売新聞社と系列の報知新聞社、あと陸上専門雑誌の「月刊陸上競技」(通称:月陸、陸上競技社)と、「陸上競技マガジン」(通称:陸マガ、ベースボールマガジン社)が別冊で出す計4種類あります。なかでも、情報量が豊富なのは陸上雑誌のもの。特に、「陸マガ」は夏と三大駅伝シーズン前、箱根前の3回、選手名鑑付きの特別号を出すんですよ。ちゃんと毎号、微妙にプロフィールでの質問項目を変えてきたりするし隅々まで要チェックです! 

スポ観W 「好きな女性タレント」を見て、ああ、この子こんな女が好きなんてだまされてる!って妄想の中で余計なお世話したり(笑)。

オタ女O カッシーは声優の花澤香菜さんを挙げてヲタヲタしい自分をさらけ出してるし(笑)。「得意料理」の欄があったのも面白い。東海の早川くんは「得意料理/アップルパイ」「好きな女性タレント/なし」って、何かセルフイメージをそっちに持っていこうとしてるとしか思えない!

スポ観W 大迫くんの得意料理は「かに玉」だって! きっと付き合ったら、さんざんケンカで生意気言った後、かに玉作ってくれるんだよ、何たるツンデレ!!

陸マニK 「ライバル」欄への回答も注目ですね。今の4年生で、喘息持ちを克服してそれぞれチームの主力クラスに育った選手が2人いるんですが、彼らはお互いをライバルとしてずっと名前を挙げているんですよ。そういうの発見すると、じーんと来ます……。

イケ好Y チームの集合写真もいい! リアルチーム男子感満載で、仲良さそうで和む。一人ひとりの選手の顔が見えるようになると、絡んでいるのを見ても楽しくなるね。

スポ観W 結局、駅伝は個人競技の部分とチーム競技の部分があるから、それぞれの選手と彼らの絡みに注目することで楽しさ倍増、一粒で二度美味しいよね。

■観戦のポイント&注意

イケ好Y 実は私、箱根駅伝は選手が汗だくで苦しそうに走ってる顔がニガテでなかなか入り込めなかったの。

オタ女O 普通逆でしょ(笑)、頑張って走ってる表情がいいんじゃない?

陸マニK 確かにどんなイケメンくんでも長距離走れば汗もかくし表情も歪みますが。純粋にイケメンチェックをしたいなら、おすすめはタスキリレーを待っている間ですね。走ってくる仲間を笑顔で迎える表情が何とも言えずいいんですよ~。

スポ観W なるほど。どの順位でもタスキリレーは映るからね。約1時間に1回しか見れない貴重なチャンス。個人的にはタスキを渡し終わって、ぶっ倒れちゃう選手にときめく(笑)。

オタ女O あとさ、箱根を現地観戦してみたいけど、人が多くて大変そうだと思っちゃうんだよね。

陸マニK 陸上雑誌には箱根コースガイドの付録があって、それで比較的空いてそうなところをチェックしたりはどう? 

スポ観W 
沿道はいい位置をとれると、選手の息づかいまで聞こえるからね。選手と一緒にハアハアしちゃったり。

陸マニK 箱根では難しいけど、他のレースだと本番前後のアップ・ダウンでジョグする選手をチェックするのも楽しいです。別の学校の選手が、仲良さそうに絡みながら走ったりしてるし。私は一度、アップ中の選手をガン見してたら、その様子がテレビに映り親バレしたこともありますが(笑)。後から録画を見直すのに恥ずかしくてたまらない!

イケ好Y 競技場では選手と話したりできるの? 

陸マニK 「頑張って」「おめでとう」くらいの声かけには、たいてい笑顔で返してくれますよ。レース後にサインや記念撮影を頼んでいるファンもいるけど……。

スポ観W サイン用の色紙を持って来てるのは陸上やってる中高生が多いよね。

陸マニK ただイケメン選手くんが走り終わって毛布をかけているのをはがして握手を求めるファンがいたなんて話を聞くと胸が痛くなります。

オタ女O 迷惑なオタは恥。Twitterをやっている選手にやたら絡んでいるのを見ても何だかなあと思う。

陸マニK 嫌な思いしてTwitterやめちゃった選手もいますしね。テレビや雑誌に出ていても、彼らは日頃は普通の大学生なんだから一線を越えてはダメ。彼らの素敵な笑顔が箱根の魅力でもあるんだから、その笑顔を曇らせるのではなく、輝かせるような応援をしたいですね。

イケ好Y 箱根男子の楽しみ方、何となく分かりました。まずは選手名鑑買って(笑)、妄想から爆発させてみます!

[出席者イチオシのこの選手]
イケ好Y……早稲田の志方文典くんに恋。何か可愛くてつい目がいっちゃいます。走りも期待できそうなので頑張って応援する!
オタ女O……東洋の山本憲二くん推しは不動。ジャニ系のルックスにプラスして、写真に写るポーズがいちいちキマっているフォトジェニックボーイ。
スポ観W……何と言っても早稲田の大迫傑くん! こんなに妄想をそそられるキャラは他にいない。生意気発言ツンとかに玉デレの間を揺れる妄想に身悶え。
陸マニK……明治大学の鎧坂哲哉くん。おしゃれ度だけでなく、ベビーフェイスにムチムチボディ、そして学生最速の走りという絶妙のバランスに魂を揺さぶられます。

『陸上競技マガジン 2012年 01月号』

Kさんがプロすぎて、どうしようかと思いました

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「いじれば響く」オラオラ系・久保田悠来さんの彼女にしか見せない一面とは?
王子様オーラ溢れる古川雄大くん、実は「女性が苦手なんです……」
「チーム男子」好きも注目中! 「BLポーズ写真集」がいまアツい!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  4. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  5. 「オワコン女優」認定の3人は?
  6. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. “消えたAKB48”河西智美は今
  15. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  16. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ