[年末特別企画]駅伝マニア座談会

「中継所で待機中に目薬を差すしぐさがステキ」!? 箱根オタク座談会 

ekiden1.jpg
大量の駅伝雑誌を前に興奮とまらぬ座談会

 お正月の風物詩といえば箱根駅伝。実は前回の箱根駅伝以降、イケメンランナー目当てに陸上競技場や駅伝沿道に詰めかける女子が増えているという。果たしてそこにはどんな選手が!? 意外なまでにイケメンの宝庫である箱根選手を各種オタク女子たちが集まって大分析。陸上マニアの恐るべき生態も明らかに……。

陸上マニアK(以下、陸マニK)……月1回以上は陸上競技場に出没。陸上雑誌を定期購読し、箱根関連サイトのチェックにも余念がない真のマニア。
スポーツ観戦ファンW(以下、スポ観W)……陸上競技だけでなくテニスや野球、サッカーなどスポーツ観戦全般を愛する女子。箱根ではもっぱら母校の早稲田大を応援。
オタク女子O(以下、オタ女O)……日頃は2次元を愛するヲタク女子だが母校の東洋大が柏原旋風で盛り上がり駅伝ヲタクへと領域を拡大。
イケメン好きY(以下、イケ好Y)……陸上競技に関してはズブの素人で箱根駅伝の魅力も今一つピンと来てないがイケメンと聞けばついつい首を突っ込んでしまうイケメン情報通。

■レース後は「箱根駅伝」で全情報を検索

陸マニK 最近の陸上競技場には女子が急増してます! これはやはり前回(87回)の箱根駅伝効果が大きいでしょう。早稲田の猪俣英希くんがまぶしいばかりのイケメンぶりを発揮した影響で「箱根ランナーって密かにイケメン多くね?」って感じになってるみたいです。個人的には、陸上が盛りあがるなら入口はイケメンでもOKって思ってるので、今日は箱根男子を”イケメン”という視点から多いに語りましょう!!

スポ観W 猪俣くんはイケメン、温厚な性格、早稲田一般入試組、三菱商事内定……女子が彼氏にしたい要素を兼ね備えた逸材だったね。

オタ女O 東洋大学OGの私から見ても、猪俣くんは「敵ながらあっぱれ!」な存在。優勝翌日のバラエティー番組出演で見せた、お母さんを大事にしている様子も素敵だった! でも私は東洋8区の千葉優くんに肩入れしまくりで見てたな~。お腹を押さえて走る姿を見て「ああ、この人は私のために頑張ってるんだわ!」とか一人で盛り上がったり(笑)。

スポ観W 私は早稲田6区で転んだ高野寛基くんに目が釘付けで、まさに恋する気持ち! あの白いランニングパンツ越しのもっこりに目が止まって、「あんなんで邪魔にならないのかしら」とか心配になっちゃうし。

陸マニK 高野くんはゲイの方が集まる某掲示板でも話題になってましたよ!

オタ女O 何でそんなとこチェックしてるの(笑)。

陸マニK レース後は「箱根駅伝」で検索して一通りの反響をチェックするのが通ですよ。

イケ好Y そこまで……。真のマニアはやること違いますね! 

■大学ごとに顔の系統も違う!?

waseda.jpg

イケ好Y チームごとのカラーってある? 写真だけ見てると何となく似てる感じがする。私は結構、東海大学の男の子が好きかも。

陸マニK まさに東海の監督がインタビューで「憧れる先輩や目指すものが同じだから似てくるのかもしれない」みたいなことを言ってました。エースの村沢明伸くんをはじめ、面長のシュッとした印象の子が多いですね。

スポ観W 早稲田は全体的にイケメン率高いし、メディアに出ても丁々発止って感じで垢抜けた感じ。偏見かもしれないけど駒澤は地味な感じなんだよね。

オタ女O 駒澤もよく見るといい素材は揃ってるんだけどね。ユニフォームのせいかな。個人的には、全日本駅伝でゴールテープを切ったさわやかボーイ・窪田忍くんがおすすめかな。あと油布郁人くんもすらっとした体型でいいかも。

陸マニK 明治もユニフォームは伝統重視のデザインですが、学生アスリート界きってのお洒落ボーイ・鎧坂哲哉くんがファッションリーダーで、カラフルなサングラスやシューズを身につける選手が多いですね。

オタ女O ユニフォームのカッコよさなら上武大。デザインがいいし強そう。

陸マニK 上武大は予選会トップ通過で期待のチームです。イケメン度でのおすすめは前回6区を走った合田佳功くん!

スポ観W 伝統校はある程度カラーわかるけど、新興校はなかなか見えにくいわ。

陸マニK 最近勢いを増している青山学院大は身長160cmプラスマイナス1cmの選手が4人もいるんですよ。小柄な選手でも活躍できるのが長距離走のいいところでもあるんだけど、ここまで来ると何か監督の趣味が入っている気もしなくもないです。

touyoukantoku.jpg
東洋大の酒井監督(NIKE FREE VOICEより)

スポ観W ああ、監督のキャラはチームのカラーに影響してるかも。駒澤の監督はいぶし銀みたいだし。

オタ女O 東洋自慢のイケメン指導者・酒井監督や國學院大の前田監督は若いから選手と一体になってやっている分、チーム全体でフランクで仲がいいイメージ。

陸マニK イケメン監督なら城西大の櫛部監督もなかなか。

スポ観W 逆に学連選抜はカラーが作りにくいよね。

陸マニK そのゴッタ煮感がいいんですよ! 今年は予選落ちした常連校も多いので強いですよ。注目は日本大の佐藤佑輔くん。予選会でトップの山梨学院大コスマスについて走ってきた姿はカッコよすぎて見とれてしまいましたよ。かつて、茶髪サングラスでチャラ男旋風を巻き起こした法政大の伝統を受け継いだかのような田子祐輝くんのファッションにも注目です。

イケ好Y すごい分析。縦から横から箱根駅伝を見ていて隙がない感じ。プロだ……。

■箱根ランナーで一番のジャニ顔

yazawa2.jpg
早稲田イケメンの代表的存在、矢澤

イケ好Y それで今回、一番人気が出そうな”ポスト猪俣くん”になりそうなのは誰?

スポ観W 早稲田の選手で猪俣くん以前から人気あったのは矢澤曜くん。長身で小栗旬似と評判のルックス、笑顔もさわやかだよね。

陸マニK 今年初エントリーの市川宗一朗くんも要注目だと思います。進学校出身の一般入試組で、チームメイトの談話ではタイムの成長曲線が猪俣くんにそっくりだとか。優しいきれいな顔立ちのイケメンくんですが、走ると芯の強いオーラが出てなかなかいいんですよ!

イケ好Y 早稲田はやっぱりイケメン多い? モテ系オーラ出てますよね。でも、一人だけかわいいジャニ顔の志方文典くんが個人的には気になります。かなりイケますよ!

オタ女O 東洋だって負けてないよ! 私のイチオシは前回10区を走った山本憲二くん。箱根ランナーで一番のジャニ顔だと思う。

陸マニK 彼はコンタクトレンズ派らしく、お目々キラキラですね。中継所で待機中に目薬を差すしぐさもキマってました。でも私は東洋なら設楽兄弟推しです。色白で可愛いそっくりの顔が二つ並んでタスキリレーする風景はファンタジー!

オタ女O このふたりは見分けつかないな~。

陸マニK 私はひとりずつでも、ふたり同時でも大丈夫。口元が違うんですよ! 並ぶと弟くんの方が華奢だし。でもこの二人、こんなにそっくりなのに二卵性双生児なんですよ。

イケ好Y そのマニア情報はどっから仕入れてきてるのか笑。

スポ観W 東洋は連続6区の市川孝徳くんもイケメンだよね。6区に珍しくすらっと長身のランナー。

イケ好Y こうして見てみると、駅伝の順位だけじゃなくイケメン争いでも早稲田と東洋はライバルみたい!

陸マニK 上位を走ってるとテレビに映りやすいので注目度が高いんでしょう。でも下位の学校にお気に入りの男の子を見つけて萌えるのも楽しいものですよ。

(後編へつづく)

『陸上競技マガジン増刊 箱根駅伝2012完全ガイド』

どんな世界にもオタはいるんですね……

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
視聴率の不振、共倒れする雑誌……飽和状態のイケメンビジネスはどこへ?
水嶋ヒロ、佐藤健らを輩出! ”ライダー系イケメン”製造秘話を明かす
胴上げ禁止!? しめやかに執り行われる、京都大学の合格発表

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー