今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

チャン・グンソクのルーツは日本伝統芸能のあの人にあった?

JANGKEUNSUK.jpg
『The Romance J PLUS PHOTOGRAPH
COLLECTION』(共同通信社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎支持層は同じかも
 チャン・グンソク人気。相変わらず、部外者にはさっぱりの韓流スター人気であるが、チャン・グンソクだけは「どうでもいい」より「なんだコイツ」が上回るな。「日本人を食い物にしてやるぜ!」感がありあり。ファンはその俺様モードも含めて「キャー!」なんだろうが、傍観者にはねぇ。下まぶたにアイライン入れ過ぎの和泉元彌にしか見えない。傍観者には。

◎センスを磨け
 「ストレステスト」か。なぜこうも人のカンに障る新呼称をわざわざ打ち出すのか。「安全点検」とかでいいだろうに。聞いた瞬間誰もが「どうせ名前新しく付けただけの、しょーもない内容だろ」と鼻白む「ストレステスト」。「部長のストレステストもやって欲しいよな」なんつって、何かこう格好の「ネタ」になるさむいネーミングセンスである。しかも「津波とか来ても大丈夫かな?」っていうただの試算らしいし。作る前にやっといてくれや。

◎残像が苦しめる
 IAEA。国際原子力機関。ニュースで「IAEAが~」「IAEAの~」と聞くたび、「IAEA」の後に「オレ入江」が聞こえて来てそれがツラい。いや、本当にそう「聞こえて」いるのではないのだが。……皆さんもないだろうか。「ありがとう」の後に必ず「い~薬です」と聞こえたり、「YES!」の後に必ず「高須クリニック!」がついてくることが。私はある。つーかいつもそうだ。カラテカ入江のしょーもないギャグ「アーイエ、オーイエ、オレ入江」。今後「IAEA」と聞くたびに、未来永劫そこに「オレ入江」が聞こえて来ると思うと、気が重い。ちょっと他の人には分かってもらいにくい悩みだったか。失礼しました。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
大作『JINー仁ー』最終回から伝わるTBSの鼻息
電撃婚をした加藤ローサ夫妻が、いまやるべき商売とは
事務所があれば無敵だった? 岡本夏生のフリー活動が惜しまれるワケ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

チャン・グンソクのルーツは日本伝統芸能のあの人にあった?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!