ゴリ押しってこういうことだ!

「トイレの神様」に続け!芸能界のドンが大プッシュする女性アーティストとは

hukudamai.jpg
ふくい舞「いくたびの櫻」(J-more)

 昨年「トイレの神様」で大ブレークした植村花菜。無名に近かった歌手がわずか1年でレコード大賞、NHK紅白歌合戦出場を果たした。その裏には芸能界のドンと呼ばれるX氏の存在があったことは、音楽業界では有名な話だ。

「『トイレの神様』を初めて聴いたX氏は感動のあまり号泣したといいます。以後『絶対売れる!』と確信し、レコード会社やテレビ、新聞、雑誌に猛プッシュ。結果、わずか1年足らずで誰もが知るヒット曲に育て上げました」(週刊誌記者)

 X氏の先見の明は枚挙にいとまがなく、近年では植村以外に秋元順子の「愛のままで」をビッグセールスに結びつけた。

「この時もラジオから流れる曲を聴いて、X氏は『絶対売れる!』と断言。懇意にしているレコード会社幹部にすぐに電話をかけ『大宣伝をかけろ!』と指示したと言います」(音楽関係者)

 そんなX氏が現在熱を上げているのがデビュー4 年目、26歳のふくい舞だ。ふくいは先日、新曲「いくたびの櫻」を発売。同曲は「トイレの神様」に通ずる”泣き歌”で、NHK土曜時代劇『隠密八百八町』の主題歌にもなっている。そんな同曲にX氏も”泣いた”1人。所属レコード会社がX氏と親密な関係で知られるエイベックスということもあり、X氏はまたしても直接幹部社員に電話し、「絶対売れるから、どんどん宣伝しろ。宣伝費用も俺が出す!」と豪語したという。

 一部ではX氏が口にした宣伝費用は億単位にのぼるとの情報もある。

「エイベックスにしてみれば、ここまで言われたら売らないワケにはいかない。宣伝担当社員は相当プレッシャーでしょうね(笑)」(芸能プロ関係者)

 さて、X氏の力技は実を結ぶのか……。

『いくたびの櫻 [Single, Maxi]』

古内東子を思い出す顔

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
小林武史&一青窈が先行き不透明に! その陰にアノ女優が……
浜崎あゆみの書類送検で明らかになった、エイベックスの”水増し”体質
新恋人に溺れて……中島美嘉が長年出演したCMを降板

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!