引き際までスマートさを要求される?

「このボタン押したらどうなんの?」、Twitterから去るセレブが帰る場所は?

jenifer_john12222223.jpg
別れた原因がTwitterと言われる、ジョンとジェニファー

 140文字以内のつぶやきで、ネットの世界を広げていくミニブログTwitter。先日、大規模な不具合が発生したばかりだが、日本でも若い世代を中心にヘビーユーザーが増えている。

 またTwitterは、「セレブパワーを十二分に発揮できる場所」としても注目されている。多くのセレブがハイチ大地震の寄付支援をTwitterで呼びかけたり、Twitterで自殺志願者を説得したデミ・ムーアの美談など、「プロモーションやファンとの交流だけでなく、短いつぶやきで大きなイメージアップ効果が得られる」とセレブの間でも人気なのだ。

 しかし、ここにきてセレブがTwitterから離れつつあるという現象が起きている。一体なぜなのだろうか。

■アンチ対策に辟易

 多くのメディアが指摘するように、アンチからの攻撃にうんざりしてTwitter絶ちするセレブは少なくない。浜崎あゆみに激似と言われている『プレイボーイ』モデル、ティラ・テキーラは、ゴシップ・ブロガーのペレス・ヒルトンとTwitterで大喧嘩を繰り広げ、「人を見下してばかりのアホ」「差別ヤロウ」と書き捨て、アカウントをクローズした。ちなみに、このペレス・ヒルトンは、リンジー・ローハンやテイラー・マムセンなど、数多くのセレブとTwitter上で口論し、それを自身のセレブ・ゴシップ・サイトのネタにしているタフなオカマである。

 W不倫を成就させた歌手リアン・ライムスは、略奪したエディ・シブリアン(『CSI:マイアミ』に出演)の前妻が産んだ息子の前で、彼とイチャイチャとディープキスしまくっている姿がパパラッチされ、Twitterに非難が殺到。「知らない人からの悪口書かれるのは不健康」と、Twitterを止めると宣言した。1週間もしないうちに「みんなのこと愛しているから戻ってきたわ!」と再開させたが、ツイートは控えめなものとなっている。

 デイヴ・マシューズ・バンドのデイヴは、1日に20回以上ツイートするTwitter中毒者であったが、音楽誌「ローリング・ストーン」にそのことを冷やかされ、おまけに彼独特の子どもっぽい書き方を笑いのネタとされて、更新をばったりとストップした。記事を書いたのはアンチではないだろうが、「事実だけど、かわいそう」と同情が集まった。

■恋愛優先でTwitter離れ

 一方で、ポジティブなエネルギーに溢れ、「アンチに強い」とされる若きセレブたちが、Twitterを離れようと思う一番の理由は、何と言っても恋人の存在。

 マイリー・サイラスも、豪州出身の恋人リアム・ヘムズワースから、「Twitter? 僕はしないし、君も止めなよ。2人の時間が減るだけだよ」と言われ、親が止めるのも聞かずに、Twitterをさっさと卒業。「ファンより男をとるのか!」とタブロイドに書かれ、「プライバシーが欲しいだけ」「なにを書いてもゴシップにされるし」とラップで弁解した動画をYouTubeに掲載した。ちなみに、マイリーは若さゆえTwitterで失言することが多く、イメージを守るために「これでよかった」とも言われている。

 「Twitterに別れを告げる時が来ました。ファンのことは愛してるけど、誰でもアクセス可能っていうのが嫌なのよね」と、突然さよならツイートをした、人気アイドルのデミ・ロバート。実は、彼女は昨年夏に、元カレであるマイリー・サイラスのパンクな兄とTwitter上でケンカを繰り広げた前歴がある。今年5月にジョー・ジョナスと別れた後も、明らかに彼に向けたツイートをしており、反応が鈍いからか「ネットにイラつくことってない?」など意味深な書き込みをし、Twitter卒業宣言に至ったのだ。しかし、彼女の場合1週間後に「だ~れだっ!」と、ただいまツイート。仕事関連のツイートも多かったため、復帰の道を選んだと見られる。

■去り際まで注目される煩わしさ

 しかし、何といってもセレブがTwitterから離れる最大の理由は、「思ったより面倒くさい」「忙しくてそんなヒマない」ではないだろうか。

 先日、レディー・ガガにフォロワー数を超えられたブリトニー・スピアーズも、毎日つぶいやているわけではない。おまけにつぶやきの大半はマネジャーによるものである。

 他人への批判などを散々ツイートした挙句に、Twitter卒業宣言をした歌手のジョン・メイヤーも、数カ月前に「Twitterって終わってるな」と、つぶやいている。彼の場合は、飽きて、面倒くさくなったのだろう。

 そのジョンを「Twitterばかりしている」と振ったジェニファー・アニストンは、「成りすまし対策のためにTwitterアカウントを開こうと思っているの。でも、忙しいからツイートは出来ないけど」と、Twitterに魅力を感じないとコメントしている。

 Twitterから離れるセレブがどこへ行くかというと、もともとアカウントを持っているFacebookに帰るようである。世界最大のソーシャル・ネットワークであるFacebookの方が、コンテンツのコントロールがしやすく、より良いツーウエイ・コミュニケーションがとれるなど「使い勝手がよく、気楽」なのだろう。

 なお、人気を知るバロメーターともなっているTwitterでは、去り際も大事とされている。ミーシャ・バートンのように、ただ突然ツイートを止めるだけでは、誰も気に留めてくれないシビアな世界なのである。ちなみに、ジョン・メイヤーの最後のツイートは、「あれ? このボタン押したらどうなんの?」(その後アカウントは削除)。「デリート・ボタンのことか!」「かっこいい!」「さすがジョン!」と大反響を呼び、結果あれほど大きなニュースになったのだ。

 止める最後の瞬間まで注目されるセレブたち。彼らにとってTwitterは、やはり「面倒くさい」ものなのかもしれない。

『facebook完全活用本』

放置して早3カ月です。。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
デミ・ムーア、47歳と思えぬ美しいボディーをTwitterで披露
レディー・ガガ、新ツイッター女王に君臨! 「クィーン就任演説」をYouTubeでアップ
マネジャーがtwitterで営業!? ブリトニーが超人気番組に出演が決定

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  17. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー