[女性誌速攻レビュー]「日経ヘルス プルミエ」7月号

「学生に抱き寄せられた」……更年期世代の現実を語る「日経ヘルス プルミエ」

nikkeihealthpremie1007.jpg
「日経ヘルス プルミエ」7月号/日経BP社

 ポップス界の女王、松任谷由実が表紙の今月号。70年代の空気感を見事曲に押し込んで、圧倒的な支持を得ていた女王も、更年期女性の象徴「日経ヘルス プルミエ」に登場するとは……。大分、ご自身でも”大人になった”ことを痛感されているようで、

「若いころは、少々の機嫌の悪さは『もてアイテム』にもなった(笑)。でも、だんだんそうはいかなくなります(中略)これからのモットーは『機嫌のいい女』ですね」

 と語っておられます。不機嫌でもチヤホヤしてもらえたのは、ユーミンが若かったからではなく、単に金になったからではないかと、最近の沢尻エリカを見て思いますがね。芸能界は怖い怖い。それでは、内容のご紹介にいきましょう。

<トピック>
◎特集 「顔からお尻までリフトアップ」
◎閉経以降に急増する「糖尿病」を防ぐ最新対策
◎キレイとアンチエイジングのための口腔ケア

■もう「貼るだけ」は飽きました

 たるみを直す「全身リフトアップ!!」特集。たるみの原因は「糖化」だそうです。糖を取りすぎるとたるむらしい。どのページをめくっても、やたら「糖化」「糖化」と目の敵にしています。糖化の話じゃなくなったと思ったら、「貼るだけダイエット」の提唱者が出てるし。この人、これで3号連続登場です。どんだけ「貼るだけ」押しなんですか。大人の事情?

 毎度のことながらダレ気味の長ーい特集の中で、唯一光ったのは”カリスマパーツモデル”の金子エミの言葉。

「体のたるみは、心のたるみ。だらしない生活を送っていることが、人様にばれてしまいます(笑)」
「指の関節は”手の目尻”。老けた印象を与えやすいので十分な保湿ケアを」

 ”手の目尻”って素敵な表現! 手なんだか目なんだか尻なんだか混乱しちゃうところがいい。顔から指からありとあらゆる部位から、だらしなさが溢れ出ている筆者にとって、心に突き刺さるお言葉でした!

■不安を煽るのがお上手なんです

 大特集のテーマ「たるみ」は「プルミエ世代の悩みナンバーワン」、スペシャル企画「口腔ケア」は「プルミエ世代こそお口が大切」、小特集のテーマ「糖尿病」は「プルミエ世代こそチェックしたい」……と、やたら「プルミエ世代、プルミエ世代」とアピール。プルミエ世代とは、すなわち更年期。女性ホルモンが減少すると、糖尿病や動脈硬化、心内膜炎、肺炎などの原因となる歯周病が増えるそうです! なにかと女性ホルモンのせいにするのが、「プルミエ」の得意技でもあります。

■ぬるいトキメキがリアル

 「読者のお便り」ページで、「キレイでいるためには恋愛(トキメキ)が必要だと思いますか?」というアンケートの結果が発表されました。わざわざ「恋愛(トキメキ)」としているところがプルミエ風です。「婦人公論」なら「恋愛(セックス)」と書きそうですね。

 で、結果は96%が「YES」と回答。実際にトキメいたエピソードはというと、「美容師さんに、トキメいてます」「テレビでステキな俳優を見ているだけで幸せ」「嵐にトキメいています」と生ヌルいものばかり。やや進んだとしても、「会社の飲み会で、取引先の方と知り合いになりチークを踊った」(47歳)、「10歳下のパート先の学生さんに抱き寄せられた」(33歳)という程度。で、その後どうなったんだ!? と思わず問い詰めたくなります。

 でも、現実生活なんてせいぜいそこまでですよね。「夫の同僚と×××」「同窓会で初恋の相手と×××」なんてヌラヌラするような経験はそうそうない気がします。みなさんはどうですか。タカの婦人公論か、ハトのプルミエか。40、50代のリアルトキメキライフについて思いを馳せた今号でした。
(亀井百合子)

「日経ヘルス プルミエ」

チークダンスを踊れないんですけど……。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
髪の毛もツバも使う!? 黒柳徹子が「美STORY」でメーク法をレクチャー
黒木瞳がなぜか「矢島美容室」で踊り出す! 「日経ヘルス プルミエ」
“下腹”ばかり延々と……力入れすぎだよ「日経ヘルス プルミエ」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!