[女性誌速攻レビュー]「日経ヘルス プルミエ」5月号

“下腹”ばかり延々と……力入れすぎだよ「日経ヘルス プルミエ」

niggeihelthpremie1005.jpg
「日経ヘルス プルミエ」5月号/日経BP社

 「日経ヘルス プルミエ」5月号は創刊2周年記念号とのことで、全130ページのうち60ページが「下腹すっきり」特集。しかも特別付録のDVD付き。かなり力が入っています。それにしても、下腹。確かに悩みの種ではありますが、下腹だけで60ページもあるかと思うと読む前からちょっとウンザリ。ここでウンザリこない人は、すでに毎日コツコツなんらかの引き締めエクササイズをやっていることでしょう。60ページも持たないものぐさ&飽きっぽい読者の心をつかむことができるか、腕の見せどころですね。

<トピック>
◎特集 下腹すっきり
◎2010年版 メノポ救急便利帳
◎「UVカット」&「美白」最新情報

■黒木瞳も嵐のコンサートに行ったよ

 表紙は黒木瞳。中にもグラビアとインタビューが掲載されています。”年齢を感じさせない美しさ”の代名詞のような人ですが、さすがにアップのカットは修正が必要だったのか、涙袋が消えてのっぺりと不気味な顔になっていました。表紙は自然なのに惜しい! 目の下の陰は加齢のせいではありません。むしろここに色気を感じる人もいるので(検索ワード:小沢健二、ホルモンタンク)、フォトショップ職人の方、そこんとこお間違えのないよう!

 インタビューで興味を引いたのは、私生活の話。最近、11歳のお嬢さんとの話題はもっぱら「嵐」なのだそう。先日はコンサートにも一緒に行ったそうです。チケットはやっぱりご招待ですかね。まさかお嬢さんがファンクラブに入って抽選で……ってことはないですよね。「うちの娘が嵐のファンで」なんて楽屋で漏らしたら、すぐにどこからかチケットが送られてくるんですかね。と、どうでもいいことに思いを巡らせてしまいました。ほんとどうでもいい話でした、すみません。

■”上からすぎる特集”と”長すぎる特集”はダメ!

 いよいよ、下腹特集に突入! メノポ(更年期)の手前くらいから、女性は誰でもお腹に脂肪がつきやすくなるのだそうです。ヤバイヤバイ。で、どうやって凹ませるのかというと、

「プルミエ読者にはおなじみの『背伸び呼吸』と、おへそをギュッと内側に凹ませたまま30秒キープする『おへそ凹ませ』の組み合わせ」

「背伸びをしながら深呼吸すると、さまざまな効果が表れることを、本誌は他のメディアに先駆け、何回かにわたり紹介してきました」

 とのこと。「おなじみの」と言われても、みんながみんな定期購読しているわけじゃないし、「他のメディアに先駆けて」と強調されても、正直そんなにすごいこととは思えません。他にも同じように「編集部」をアピールする表現が散見されます。なんだろう、このうっすらとした上から目線。創刊2周年でエラくなったもんだな(笑)。

 おもしろかったのは、「背伸び+おへそ凹ませ」を1日5分、3週間行った読者の結果発表。10人中8人が腹囲のサイズダウンに成功したのですが、2人は逆にアップしてしまいました。「実験期間中、風邪で寝込んだり、腰が痛かったりで、毎日きちんとエクササイズを行えずじまい」「仕事が忙しく、食事時間など生活リズムが不規則でした」というのがその理由。

 10人が10人ともサイズダウンしたらウソっぽいけど、10人中8人だったら本当っぽいよね! なーんて読者心理をうまくくすぐる結果だろ? という編集部のしてやったり感が透けて見えるようです。そんな罠にはまるもんか。で、結局、ものぐさな筆者が「やってみようかな」と思ったのは「背伸び呼吸」くらい(しかも思っただけで実行してない)。「おへそ凹ませ」はいろいろバリエーションが掲載されていて面倒なので却下。他にも骨盤系、貼るだけ系など流行の下腹シェイプ法が長々と説明されていましたが、読み飛ばすだけで終わりました。

■プルミエはやっぱメノポでしょ!

 「2010年メノポ救急便利帳」は更年期のさまざまな不安、悩みに7人の専門家が答えるという小特集。さすが、プルミエといえばメノポ! 身体の変調から治療法、メンタルの悩みまで多岐に渡り、下腹特集よりもよほど読み応えがあります。「更年期なんてまだまだ……」とお思いの人もいるかもしれませんが、こんな悩みも掲載されていましたよ。

「まだ42歳なのに月経がなくなった。大丈夫?」

 近頃は40歳くらいで結婚、出産を考えている人も少なくありませんが、いざというときに生理がないということもあるわけです。恐ろしい。プルミエでしっかりメノポについて勉強しておきましょう。

 というわけで、やっぱり下腹ワンテーマの大特集は無理があると感じた今号。次号は「骨盤や肩のゆがみ」特集なので、まだマシかな。表紙は2号連続黒木瞳。撮りだめしたのでしょうか。ヘンにイジってない自然な表情の黒木サンを期待します!
(亀井百合子)

『日経ヘルスプルミエ』

小沢健二と似てなくもないよね

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「食べて健康」も「日経」なら信憑性UP!「日経ヘルス プルミエ」
中年女性の神髄はココにあり! 「美STORY」という魑魅魍魎の世界
男も女も経験あって当たり前!? 「婦人公論」が提唱する浮気道

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー