[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育てコラム

少林寺拳法より、空手がベスト? 西原理恵子さんと子育て談義してきました!

kosodateillust17.jpg
(C)倉田真由美

 先日、作家の岩井志麻子さんから「新宿ロフトプラスワンでトークショーやるから遊びに来ない?」というお誘いのメールが来ました。志麻子さんとはメールでやり取りしているものの、1年くらいご無沙汰していたので、久々に会いに行くことに。控え室に行くと、志麻子さんとダンナさん、徳光正行さんと編集者がすでに盛り上がってました。

 27歳の志麻子さんのダンナさんは、どことなくヒロスエ(広末涼子)に似てますね。彼は韓国人なのですが、オレが「日本に住んでどのくらい?」と聞くと、「韓国と日本行ったり来たりです」と片言の日本語。まだ日本語があまりできないようですが、志麻子さんは普段、ダンナと何語で話してんだろうか?


 そんなことを思っていたら、会場のスタッフの人からいきなり「今日の台本です」と資料渡されました。「オレも?」と志麻子さんに聞くと、「そうだよ。あんたも出演です!」だって。このトークイベントのこと何も知らなかったのですが、面白いからいっか! と参加することに。そうしたら、突然ホリエモンこと堀江貴文さんが控え室に! 徳光さんの司会進行で、志麻子さんとホリエモンでトークショーが始まりました。編集の人に聞いたらこれが第1部だったみたいですね。そしたら今度は西原理恵子さんが登場!

 西原さんとは2、3年前に志麻子さんの誕生日飲み会で挨拶したくらいなので、多分西原さんはオレのこと覚えてないだろうなぁ。ほぼ初対面でしたが、挨拶したら西原さんも「志麻子さんからロフトに遊びに来なよ、と言われて来たんだけど」と言うじゃないですか。西原さん、初対面の見ず知らずのオレとも普通に話してくれて、マジで感動しましたよ! いやーそれにしても皆さん適当だなあ。

 そんなこんなのうちに第1部が終わって、皆さん控え室に。ホリエモンがiPadをすでに持っていたので、思わずオレもホリエモンに「ちょっと見せてください」と話しかけたらわざわざ説明までしてくれました。かなり感じいい人ですよ。 

 第2部は、オレと西原さんと志麻子さんの3人でのトークショー。徳光さんがオレの会社の倒産をぐいぐい聞いてきたり、西原さんと志麻子さんが妻くらたまとの日常生活を聞いてきたり、西原さんからは「600人斬りってホントはどうなの?」と聞かれましたね。後半は志麻子さんのダンナさんも参加して、西原さんと志麻子さんの濃い話でマジで爆笑でした。トーク後、志麻子さん、ダンナさん、西原さん、徳光さんたちと近場で飲みに行き、午前2時ごろまで。

 今回、西原さんには子育ての先輩として、いろいろお話させていただきましたね。ロフトに来る前にお子さん2人と後楽園に遊びに行っていたとか、子どもの中学受験の話など、ご意見をいろいろ伺いました。西原さんの中学生の息子さんは空手を習ってるという話になり、オレの息子のまー(小学4年生)が同級生にからかわれているらしいので、「自分の身は自分で守れ!」と少林寺拳法を習わせている、という話をしたら、「いや! 少林寺は基本守りだからダメ! ケンカは先手必勝だから空手でしょ!」と。さらに西原さんは息子さんに人間の急所である、身体の中心を殴れと教えてるらしい。なるほどなあ。確かに少林寺は攻撃というより防御専門かも。相変わらずまーは人を殴ったことないみたいだし。息子さんは空手習ってかなり自信ついたという話も聞いたので、オレの息子まーも中学になったら空手も習わせよう、と思いました。これは大収穫!

 翌日、西原さんにお礼のメールしたら、西原さんから「くらたまちゃん、キモが据わったいい顔になったなー」との返信がきました。それをくらたまに伝えたら、「自分では何となく分かってたけど、人に言われたの初めてなので、さすがです!」だって。そんなワケで今回のトークショーは志麻子さんのおかげでホリエモンとも会えたし、西原さんと子育て話できたのはかなり参考になりました。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク