[連載] だから直接聞いてみた

右折信号の青の時間、短くないですか?

shinsensingou01.jpg

 気になって仕方がない素朴なギモンを直接企業に聞いてみよう、という本連載。

 恋人と自家用車でドライブ、疲れた仕事の後タクシーで帰宅、休日にレンタカーで温泉へ、など何でもいい。そんな車の最大の敵が渋滞である。もはや語り尽くされたであろう渋滞への愚痴ではあるが、私が思うに渋滞の最大の理由はズバリ「右折信号の短さ」である。実感覚として渋滞中の80%は右折レーンで待ちぼうけしている気がする。そんな時、若者は、こう叫んでいるに違いない。

「右折信号の青、短くてハンパねえ!!」

 ちなみに、女子高生が発する「ハンパねえ!!」や「超やばい!!」というセリフはもうすでに古いという。それらの意味合いは、言葉が進化(?)し「強い」という言葉で表現することが友人の電車内フィールドワークで判明した。つまり、こういうことである……。

「右折信号の青、短くて、つよっ!!」」

 みなさんも素晴らしい体験や驚いたときには、この「つよっ」を使ってみてはいかがだろうか? 2010年のリアルな若者言語を使っているとしてリスペクトされるかもしれない……。

 話がそれたが、右折信号の話である。渋滞の原因は右折信号説。もっと右折点灯を長くしてくれれば渋滞は減るはず。その設定基準とは? うーん、気になる。そこで「警視庁 広報室」に直接、聞いてみた。

「右折信号の青点灯が短すぎる気がするのですが、何を基準に青の時間を決めているんですか?」

担当者(女性) これはですね、統一された見解はなく、信号機が置いてある地域を管轄する各都道府県の警察の方で、その地域実態に沿った形で何分というのを決めています。そこが短いようであれば「現時点で短いんだけれども、何を基準にその分数にしたのか?」というのをお聞き頂くということになります。

 なるほど。それは分かる。しかし、これはたらい回しされてしまう典型的な例である。もう少し突っ込んだ話を聞いてみよう。

――具体的にはどこにお聞きすればいいのですか?

担当者 その地域の管轄する「交通規制課」というところが、いちばん良いんですけれども。

――青色の点灯時間が短いので、焦って右折して事故を起こす車両は多いのではないですか?

担当者 それは御意見として頂きたいと思います。そういったことも事故につながるのではないのか? ということですね。担当課の方へは伝えさせて頂きたいと思います。

――雨とか雪などが降ったときはスリップの可能性が高くなるので、点灯時間を長くしたりしているのですか?

担当者 はい、そちらもご意見として頂きたいと思います。最初のご質問に対する回答と同じになるのですが、地域実態に応じて、雪の降る地域・雪の降らない地域がありますよね? 沖縄などは雪がほぼ皆無だと思いますので、そういったところは全国で統一するという基準はなく、地域ごとの基準でやっていますので、その地域の矢印信号の時間が短いようであれば、その地域の「交通規制課」の方におっしゃってください。

――地域住民の意見で、信号機の点灯時間を変更することはできるのですか?

担当者 もちろん、地域住民の方のそういったご意見やご要望等を考えて決めさせて頂いている所であるはずですので、その地域にお話をしていただけたら、と思います。

――地域住民ひとりの意見でも変えることは可能なのでしょうか?

担当者 はい、話してみてください(軽く怒りながら)。変わるかどうかは私たちが決めているものではないので、断定的なことは言えません。ただ、窓口としてはご案内した管轄の警察署の方で決めていますので。

 結局、たらい回しは終わらなかった。しかしポジティブに考えれば意見が伝えやすい場所に誘導されているということでもある。各地域の管轄に「右折信号が短い」と連絡して、皆で渋滞を減らそうではないか。今回の結論は……

「たらい回し、つよっ!!」(すみません言いたいだけである)

 引き続き、皆さんの素朴なギモンを募集中です。インパクトのある、くだらないギモンをお待ちしています。
(酒平民 林賢一)

『よくわかる渋滞学』

高速の渋滞原因は基本上り坂だよね。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ゆりかもめのクロスシートは、どうしてあんなに狭いんですか?
映画の予告編って長すぎませんか? 本編までに寝ちゃいます……
永谷園の”アッコさん人形”、正しい使い方を教えてほしいのですが……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー