[連載]だから企業に聞いてみた

永谷園の”アッコさん人形”、正しい使い方を教えてほしいのですが……

nagataniennohp.jpg
公式HPを眺めるうちに欲しくなるかも

「酒平民ハヤシの だから企業に聞いてみた」

 気になって仕方がない素朴なギモンを直接企業に聞いてみよう、という本連載。

 今回は読者の皆さんから届けられた、言われてみれば確かにそうだ感の高いギモンをピックアップ。こんなメールが編集部に届いた。

「永谷園で”アッコさん人形”をプレゼントしているのですが、これの正しい使い方が分かりません」

 全く分からない。ぬいぐるみとしては、ゆるすぎて家に飾る気がしないのはもちろん、家にあったらちょっと怖い。まさか、魔除けか? それだったら納得いくが。調べてみると正式な名前は「笑って許して! 大爆笑アッコさん」ということが判明。しかも、人形をくすぐると人形が大爆笑するという……。そのくすぐりポイントはなぜか左足のみ。謎の「左足問題」浮上である。色々、深読みしてしまう設定だ。う~ん、気になる。そこで、永谷園・お客様相談室に直接聞いてみた。

「アッコさん人形の正しい使い方は何ですか?」

女性担当者 正しい使い方?

 いきなり逆に質問されてしまった。

――どういう風に使えばいいのですか?

担当者 あのー、これはですねー、人形がー、あの、ある部分を押すと勝手に転がりまわって、あの、笑うという風になってるんですけども。

――どういう時に使えばいいのですか?

担当者 それはあのー、普通の人形と一緒ですのでー、あのー、別にどういったときということではないんですが。おもちゃという感覚になります。

 おもちゃ感覚で使うにしては、威圧感がハンパないよ、この人形。ここで「左足問題」について核心に迫ってみよう。

――左足をくすぐると大爆笑する人形となっていますが、なぜ左足なんですか?

担当者 特に理由はないと思います。

――左足以外をくすぐっても、アッコさん人形は大爆笑しないんですか?

担当者 (キッパリと)ないです。

――話しかけてもですか?

担当者 (食い気味で)ないです。

 理由はない。ただ、左足がくすぐりポイントなのだ。聞くのが野暮だった。これ以上続けても禅問答になるだけだ。別の切り口で人形の秘密を探ってみよう。

――人形の高さが「37cm」というのは、どういった基準で決めたんですか?

担当者 特に基準というのはないです。

――ということは、完成したら37cmになっていたという解釈でよろしいですか?

担当者 そうですね、はい。

 じゃあ、明記するなよ。深読みカロリーを返して欲しいものである。そんな体長37cmのアッコさん人形をどれくらいの人が欲しがっているのかも気になるところだ。

――1万人にプレゼントって、太っ腹ですね。

担当者 あのー、通常わたくしどものプレゼントは1万名様や5,000名様単位とかですので。

――私も応募を考えているのですが、どのくらいの倍率になりますか?

担当者 倍率に関しましては、分かりかねます。

――応募は1万人以上、来ていますか?

担当者 はい、来てます。

 大人気だった。やるな、アッコ。もらえない可能性があると、使い道が分からなくてもさらに欲しくなるから不思議だ。皆さん、奮って応募しよう。もしゲットできたら、優しく左足を触ってあげよう。

 今回のように、心のモヤモヤをすっきりさせてみませんか? 皆さんの代わりに直接企業に聞きます。引き続き、素朴なギモンを募集中です。どんなギモンでも構いません。ディープでインパクトのある、くだらないギモンをお待ちしています。
(酒平民 林賢一)

『禁煙アッコ 和田アキ子禁煙事件』

『アッコさん人形大人気事件』の出版もお待ちしております

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「体を触る手が湿っていた」、週刊女性が暴く結婚詐欺女性の正体
【関連記事】 ビタミン剤って1日2粒以上飲むと、体に害があるんですか?
【関連記事】 「心配すると顔が悪くなる」、黒柳徹子が指南するアラフォー処世術

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!