[連載] だから直接聞いてみた

ゆりかもめのクロスシートは、どうしてあんなに狭いんですか?

yurikamome02.jpg
photo by Hyougushi from flickr

◎鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」

――知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を人気放送作家2人が直撃解決!

 「ゆりかもめ」の乗り心地は、そのときの気分によって大きく変わる。

 乗り心地がいいのは、晴れた平日の午後、新橋方面からお台場に向かうときだ。芝浦ふ頭駅を出たあたりから、進行方向左手に湾岸の風景が開け、レインボーブリッジを渡る直前の、グルっと回るループで、その眺望はクライマックスを迎える。あの車窓の眺めは、何度見てもいい。なんだったら、グルグルグルと3回転ぐらいしたい気分だ。ちなみにレインボーブリッジに入ってしまうと、両サイドとも金網に覆われてしまい、一気に眺めは悪くなる。

 乗り心地が悪いときは、挙げたらキリがないが、週末あるいは祝日の「ゆりかもめ」の乗り心地は最低である。なぜなら、大半の乗客が遊びに行くところだからだ。でも、僕は仕事。こっちは面倒な仕事に行くっていうのに、楽しげにしやがって。くそっ。こんなときは、あのループさえ頭にくる。なに、のんきに回っていやがるんだ。まっすぐ行きやがれ。

 夜、疲れてお台場から帰る「ゆりかもめ」も憂鬱だ。車内は意外と混雑している。だが、よく見ると、空いている席がいくつもある。

 「ゆりかもめ」の座席は大半が向かい合わせのクロスシートである。座ってみるとわかるが、向かい合った席と席の間隔がとても狭い。男同士が向かい合うと、ちょっと足を伸ばしただけでぶつかる。だから、たいていは4人掛けの席に対角線上に2人だけが腰かけている。通路側には向かい合って座っていることもあるが、この場合、斜めに座り、足が通路に出されている。

 要は、無駄な空席ができやすい座席なのだ。なんで、あんな座席にしたのか。

 そこで、 株式会社ゆりかもめ に直接聞いてみた。

「ゆりかもめの座席は、どういう基準でつくられているんですか?」

担当者  (クロスシートなのには)理由が2点ございまして、まずひとつ目が外の景色が見やすいようにとですね、あと、車内の混雑緩和のために、通路の幅を広く取れるように、こちらの席を設置してあるんですけども。

──あのクロスシート、座るときにけっこう窮屈なんですけど。

担当者 こちらですね、05年に運行を開始した車両に関しましては、今のお客様のようなご要望を踏まえまして、今までよりも座りやすいクロスシートで、対面座席の間隔を広くしたり、変更をしております。

──ちなみにあの4人掛けって、どれぐらいのどんな体形の人が座るって想定してるんですか?

ここでいったん、電話を切って20分ほど待たされ、ほかの担当者から電話がかかってきた。

担当者 4人掛けは、(車両を)製造している男性社員4名で測ったもので、データまでは残っていないんですが、大体165〜175センチくらいの男性が、詰めれば座れる大きさになっています。

 なんとわずか4人、しかも車両の製造会社の社員をサンプルにつくられたのだという。さらに「詰めれば座れる」って。確かに座れるが、見知らぬ4人が座ったときの座り心地までは、これではわからない。もっとちゃんと調べるべきではなかったのか。

 ただ、今回取材して、ひとつ朗報を得ることができた。あのクロスシートは不便という声が多いのか、現在製造中の車両はロングシートのみだそうである。

 これで座席の種類が3種類の「ゆりかもめ」が走ることになる。そのときの気分に合った車両が来るかどうか。まだまだ「ゆりかもめ」には油断できない。

山名宏和(やまな ひろかず)
1967年、東京にて誕生。放送作家。『行列ができる法律相談所』『ザ!鉄腕!DASH!!』(ともに日テレ系)などを手がける。

『ゆりかもめ 新橋~豊洲間往復 東京臨海新交通臨海線』

車窓から見る風景はたまんないッス。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 かっぱえびせんの原材料の”えび”は、なにエビですか?
【関連記事】 「AERA」の中吊り広告のダジャレは、いつまで続くんですか?
【関連記事】 ハッピーターンの味のバラつきって、なんとかなりませんか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク