『デブでした。』刊行記念インタビュー

-30kgのパパイヤ鈴木氏に直撃「どうしたら痩せられますか?」

papaiyasuzuki01.jpg
「体が薄くなったんだよね~」とうらやましい発言をしていたパパイヤさん

 ダイエット→挫折→ダイエット→挫折を繰り返し、そんなダメな自分を若干愛おしく感じてるあなた。甘いものは止められても、酒は絶対止められないと嘆いているあなた。朗報です。30kgの減量に成功し『デブでした。』と、著書にてデブを過去形にしたパパイヤ鈴木さんへのインタビューに成功しました! どうやら苦労も苦行もナシで痩せられるらしいのですが、その極意とは?

――そもそもダイエットを決意したきっかけは何だったんですか?

パパイヤ鈴木(以下、パパイヤ) 一番大きかったのはNHK大河ドラマ『天地人』のオファーですね。役柄が年を取っていくのに合わせて、少しずつ痩せて小さくなろうと思ったんです。今回はいくつかの要素がタイミングよく重なったんですよ。『元祖! でぶや』(テレビ東京系)が終わって、大河が始まり、新たなダンスへの欲も出てきて……という感じで。そうそう、健康系バラエティー番組で「このままだと寿命はあと5年!」って言われたのも大きかった(笑)。それで少し体重落そうかなと思ったんです。

――いままでの食生活からの脱却は、正直辛くなかったですか?

パパイヤ 「痩せるためではなく、全ては長生きのため」、そう考えたら乗り越えられましたよ。ダイエットと我慢はイコールですよね。一生我慢し続けるのは無理だけど、一生健康な体づくりをするのは不可能じゃない。健康的な生活習慣を実践すると自然に体重も減っていく。結果ダイエットと同じことになるって気がついたんです。それが今回書いた『デブでした。』の全てです。

――拝読しました。過去の”1カ月で30kgダイエット”は壮絶でしたね! 毎日トマトとところてんしか口にせず、お風呂から上がったら……。

パパイヤ 血尿ドバー事件ね(笑)。後でお医者さんに聞いたら「ヘモグロビンが腎臓に詰まったら人工透析だったかもしれないよ」って言われて、更に青ざめましたよ。僕が今までやっていたダイエットは、ガクンと減って停滞、またガクンと減って停滞というタイプのもの。この急激な体重の減少が身体にとってはものすごい負担だったわけです。今回はスタートでちょっと勢いをつけてからは、ちょっと増えたりちょっと減ったりの繰り返し。でも全体で見たらなだらかに減るという。ストイックになり過ぎないのが良かったんだね。

papaiyasuzuki02.jpg

――それなら大幅なリバウンドとも無縁ですね。

パパイヤ 一番良くないのは3カ月で5kg減(笑)。だいたい女の人も目指すでしょ? 地獄の3カ月間で達成感があるけど、それが終わるとまた元の生活に戻っちゃう。その3カ月目が一番太りやすくなってるんですよ。身体が(食べ物に)敏感になってるから。ちょっと痩せて維持する。またちょっと痩せて維持する。例えば1カ月に1kg痩せて、次の1カ月は維持。そうしていくと1年間で6kg減ですよね。それくらいがちょうどいい。

――ストイックになり過ぎず、1カ月に1kg。これなら、ぐうたら女子もできそうです!

パパイヤ さらに良い情報。本にも書いたけど、食べてから脂肪になるまでは”3日のタイムラグ”があるんですよ。「人間はそう簡単には太れない。食べ続けるから太るんだよ」ってお医者さんも言ってましたよ。ちょっと食べてしまっても、その分次の日控えたり、運動したりすれば問題ないってこと。食べちゃったぁ……って落ち込まないことが大切。

――しかしお酒は……ダメですよね?

パパイヤ 僕も昨日夜中まで飲んでて、チーズ&クラッカーについ手が出ちゃった(笑)。今朝も体重計に乗ったら、1kg増えてましたよ。昔はそこでガックリしたけど、今は例の”3日間ルール”を知っているから、うろたえない。朝ご飯も「昨日食べちゃったから、今日少なめにしたらいいんじゃないの?」って気分になる。よく噛んで食べれば、少ない量でもびっくりするほど満腹感がでる。それからジムで”チーズとクラッカー、チーズとクラッカー”って念じながら自分を追い込んだり(笑)。辛いとか我慢じゃなくて、”追い込んでる!”っていう楽しさなんです。ダイエットにはM体質がいいんですよ。

――追い込みと思い込みが大切ってことですね。

パパイヤ 追い込まれるのを楽しいと思えるMキャラは、健康な身体づくりのベストパートナー。まぁ、お酒を飲まなきゃ一番いいんですけどね。そこは我慢できないんで。昨日負けたら、今日勝ちに行く。プラスマイナスゼロですよ。

――最後に、パパイヤ流ダイエットの極意を教えてください!

パパイヤ 痩せればお金が貯まる! タクシーは使わなくなるし、食べなくなるし、バーゲンで洋服が買えるし。ダイエットだと構えず、健康になって、家計に優しく、地球にも優しく、体重も減るゲームだと考えて。健康な身体になったら自然と痩せていたって感じ。すると段々スケベ心が出てきて「ちょっと炭水化物を抑えてみようか」なんて思うようになります。食べっぱなしをやめてみよう。ダイエットはエコなんだっ!
(西澤千央)

『デブでした。』

ダンサー、振付師、歌手、俳優とマルチに活躍するパパイヤ鈴木氏による”目標を決めない「なんとなくダイエット」”指南書。過去の壮絶ダイエット経験、ダイエットの豆知識、簡単体操まで、肩ひじ張らずに楽しめる。特に、食べすぎちゃった&飲みすぎちゃったを乗り越える、気持ち切り替えのコツは”読むダイエット”として効果アリ。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
光浦靖子さんと”女の性”について、リアルに傷をなめ合ってきました
安彦麻理絵が提言「ブスはこうして作られる!」~SAVE THE BUSU~
「猛禽類を見抜きますよ」、バカリズムが”女性に囲まれた”過去を語る



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

-30kgのパパイヤ鈴木氏に直撃「どうしたら痩せられますか?」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューダイエットのニュースならサイゾーウーマンへ!