[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育てコラム

600人斬りのだめんずも、くらたまとはプラトニックラブだった!

kanaisan03.jpg
すみません。サイゾーウーマンもいそいそと
叶井さんの取材に行ってしまいました!

 初めまして! 崩壊寸前の映画会社「トルネード・フィルム」の代表をやってる叶井と申します。サイゾーウーマンのSさんのノリが面白かったので、子育てブログを始めることになりました! と言ったものの、書き始めるとマジでこっぱずかしいですよ! 今までさんざん、浮気や不倫を、ご飯食べるのと同じノリでやってきた、めちゃ軽いイメージのオレも、ここらで心入れ替えてですね、ほのぼの的なテーマも新鮮でいいかなと。お付き合いのほど、よろしくお願いします!

 まずは、ご存知の方も多いと思いますが、今の奥さん・倉田真由美さんとのなれそめについて。くたらまとは約5年前、あるパーティーで会ったものの、その時は特に何もありませんでした。去年の12月、作家の中村うさぎさんの紹介で再会したワケ。5年ぶりに会って、話してるうちに「これは!」と恋愛感情が相当盛り上がってたんだけど、ほぼ初対面なので、いたって”冷静なオレ”をキープしてました。うさぎさんも一緒だし、ほとんど聞き役に徹してたという感じですかね。ちなみにこの時のオレはまだ結婚してました。くらたまには正直に言いましたよ。

 その後、3月に離婚し、くらたまと付き合うことに。ちなみのこの時点までは、まだプラトニックな関係です。周りの友人、知人は「12月に出会って3月まで何もないなんてありえないだろ!」と突っ込んできますが、マジで何もなかったんですよ! 今までのオレの行動からして、「あり得ない」と思われがちですが、これはホント! というか、こうやって「何もない!」と主張すること自体、怪しいですよね。ま、バツ3だし、1回目、2回目は浮気が原因での離婚なので、家族にも友人にも女性のことに関して全く信用がないんですよ……。

 そうしたら、付き合って速攻、子供ができました。これは本気でうれしかった、感動しましたね。ほぼ初めて”そうなった”ら妊娠ですから。それからは急ピッチ。

 4月に福岡のくらたまのご両親にご挨拶へ。そこで初めて、くらたまの小学3年生の息子・まーと対面。いきなり、お土産に持っていったたい焼きを「アンコ嫌いだから食べない!」と言われ、「小生意気なガキめ!」と思いながら、オレ一人で食べましたよ。

 さらに、その場にも同席していた、くらたまの妹の子供が書いた絵に、オレが思わず「下手すぎないか?」と突っ込んだら、「こんな最低の大人見た事がない!」とキレまくってたんですよ! 後でくらたまから「子供にはシャレは通じないから、褒めなきゃダメじゃん」と注意され、子供に対する発言に気をつけよう、と思ったのもコレが初めてです。

 5月の連休明けからくらたまと同居することになり、7月にくらたまが連載コラムで妊娠を発表したら、メディアがオレのことを「バツ3で600人斬りのダメ男!」と書きまくり。親兄弟からも電話があり、「600人ってホントなのか? キモイ!」とマジで聞いてくる。ワイドショーからもバンバン電話きて、「囲み取材をやらせてくれ」とか無茶言うし。まあ、ネタとして面白いと思うので、マスコミの方の気持ちも分かりますがね、普通「ヤリチン男」という部分をフィーチャーされたら、テレビに出ないでしょ!

 8月からは、いよいよ、長男まーとの同居生活が始まりますが、この続きはまた次回に!

kosodateillust01.jpg
(c)倉田真由美

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク