[TVツッコミ道場]

カミソリ脅迫にニセ対談!? アグネス・チャンが明かしたアイドルの裏側

agunesutyannnnn.jpg
天真爛漫さはこのころと少しも変わらず
『アグネス・チャン ベストアルバム』(渡辺音
楽出版株式会社)

 本日ツッコませていただくのは、2月19日放送分の『うたばん』(TBS系)に出演したアグネス・チャン。

 どういうわけかこのところ、特番『あなたが聴きたい 歌の4時間スペシャル』(TBS系)とか、16日放送の『HEY! HEY! HEY!』(フジテレビ系)での特集とか、懐メロをとりあげる番組が多い。そんな中、『うたばん』ではこの日、往年のアイドル麻丘めぐみ、黒沢年雄とともにアグネス・チャンが登場。

 当時のVTRを観ながら、「よくわからない言葉しゃべってたね~」「なぜかよくわからないけどヒットした」などと相変わらずあまり上手じゃない日本語で語り、鉄板の「日本に来て公園でハトを見てビックリした。美味しそう~と思うのに、日本ではハトを食べないなんて」という「すべらない話」を披露していた。

 そんななか、強調されたのが、当時のこんな恨みである。


「中華料理が好きな子だと思われて、毎日毎日、中華丼ばかり出された。抗議したら、言葉が通じなくて、次の日も中華丼だった」「隣の(人の)天丼やカツ丼がうらやましく見えた」

 日本に来てわずかな期間に日本語がペラペラになる外国人力士たちに比べ、アグネス・チャンの日本語の上達の遅さは積年の疑問だったが、こんな苦労があったとは……。今や、大学の客員教授まで務める人なのに。

 さらに「苦労話」として語られたのは、ちょっと衝撃的な内容であった。

「昔はカミソリとかもよく送られて。私の場合、(そういうことをされたのが)野口五郎さんのファンの方で、野口五郎さんと対談ページに2、3回載ったら、トイレに行ったとき急に『ドンドンドン』って鳴って『五郎に手を出すな~』と言われたんですよ。一言もしゃべってないのに!」

 これ、ファンの話も恐ろしいが、さりげなく語られた事実は、もっと恐ろしい。「対談を2、3回」やっているにもかかわらず、「一言もしゃべってない」とは……。どうやって「対談」したんだろう……。当時はこういうことも当たり前の時代だったのかもしれない。

 かつてのトップアイドルたちの仕事、そして業界の「裏側」を何の悪気もなく、露呈してしまったアグネス・チャン。

 それとも、単に日本語の間違いだったのだろうか……。
(田幸和歌子)

『元アイドル2』

まだまだ奥が深いアイドルの世界

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「他にもっとないの?」 ”芸人殺し”徹子に、さまぁ~ずがリベンジ!
【関連記事】 一子相伝!? すべらない話優勝ネタ「欽ちゃん伝説」
【関連記事】 板東英二が見せてくれた、リアル「笑いながら怒る人」



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

カミソリ脅迫にニセ対談!? アグネス・チャンが明かしたアイドルの裏側のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場アグネス・チャンうたばん野口五郎麻丘めぐみ黒沢年男のニュースならサイゾーウーマンへ!