和田アキ子 NY公演、実は9割は日本人だった !?

akkomtv.gif
和製R&Bの魂は、本場の住人たちにも伝わったのか?

 現地時間9月29日、ニューヨークのブラックミュージックの殿堂・アポロシアターにおいて、和田アキ子がアジア人として初のコンサートを行ったことが話題となっている。

 スポーツ紙などによると、当日会場には1450人がつめかけ、アッコは計14曲を熱唱。途中でR&Bデュオ「サム&デイブ」のサム・ムーアも応援に駆けつけるなど、ライブは大いに盛り上がり、アッコも最後は「夢が叶った」と涙を流して感動したという。

 現地・マンハッタンの黒人にも受け入れられていたということで、大成功に終わったように報じられているこの芸能生活40周年記念コンサート。だが、現地の記者によると、実情はちょっと違うらしい。


「実はコンサートのチケットがなかなかさばけなかったようで、関係者が知り合いなどにタダ券をバラまいていました。私も『友達の分もあげるから、とにかくたくさん人を呼んできて!』と必死にお願いされてしまいましたよ(笑)。それでも全部は埋まらなかったらしく、当日2階席には空席ができていましたね」(現地在住記者)

 さらに、現地住人の反応も微妙だった様子。

「観客は、90パーセントが日本人で、MCはほぼすべて日本語で行われていました。もともと日本人向けのショー構成なので、当日わずかに来ていた黒人も、ソウル界の大御所サム・ムーアや、ブロンクス・マス・クワイア、前座のワイルド・ウーマンのファン及び友達と思われます。日本のテレビクルーは、数少ない黒人観客から好意的なコメントをとろうと必死でしたよ」(別の現地在住ライター)

 それにしても、NY在住の日本人は8万人程度だというから、そのうち1000人もの観客を集めたアッコの知名度はさすがと言うべきだろう。ちなみに、コンサート中のアッコの「カーネギーはいつでもできるけど、アポロは今しかできない。だから今やる」といった旨の発言は 、来月カーネギーホールでコンサートを行う高橋真梨子への牽制とも……。アメリカに行っても、アッコ節は健在だったようだ。

「フリー・ソウル」/和田アキ子

このジャケットはお気に入り。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 韓国女性をメロメロにしている「チュ・ソンフン」とは…
【関連記事】 林真理子のエッセイは”勘違いダイエッター”のバイブルである
【関連記事】 マドンナとの「浮気の代償」? ヤンキ―スのA-ロッド、離婚成立

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!