【連載】堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!

エリザベス女王の棺の中は……ヨーロッパ王族に流行した、国王の特殊な埋葬方式とは?

2022/10/08 17:00
堀江宏樹(ほりえ・ひろき)
2022年9月19日、ウェストミンスター寺院で運ばれるエリザベス女王の棺(gettyimages)

「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 今回は、番外編として英王室に関するお話を聞きました。

――9月9日、英国女王エリザベス2世が96歳で亡くなりました。日本からは天皇皇后両陛下がイギリスでのご葬儀に参列なさいましたね。

堀江宏樹氏(以下、堀江) 天皇陛下はご即位の翌年にあたる2020年、エリザベス女王から国賓としてイギリスに招待されていたものの、コロナ禍の影響で渡英を断念なさったとか。陛下にとって、女王はイギリス留学時代から交流のあった大切なお方だと存じます。そのエリザベス女王のご葬儀が、ご即位の後、最初の外国訪問になってしまうのは本当に悲しいことですね。

――天皇陛下、そして雅子さまの喪服がヨーロッパでは評判になったそうですが。

堀江 日本の皇室は、いわゆる明治期の「文明開化」以降、当時のヨーロッパの王侯貴族の冠婚葬祭のドレスコードを輸入しています。雅子さまがネックレスとイヤリングに着用なさっていた“黒い宝石”こと「ジェット」がヨーロッパのメディアでは注目されたのですが、もともとこれは19世紀のイギリスで、愛する夫の死を悼み、自身が亡くなるまでの約40年間も喪服を着続けたヴィクトリア女王が愛用することで人気が出た宝石なんですね。日本では「黒玉」といわれたりもします。

 エリザベス女王の葬儀に参列なさったイギリス(など)の女性王族の方は、黒の喪服に真珠を合わせておられるケースが目立ちましたが、雅子さまは彼女たちよりも古式ゆかしいジェットのアクセサリーを身に付けておられたので、品格が違うと話題になったのかもしれません。雅子さまだけでなく、女性皇族の方々が葬儀でお付けになるアクセサリーもジェットが中心のようですね。

――「黒の喪服」と今、おっしゃいましたが、それ以外のカラーの喪服も昔はあったのですか?

堀江 はい。白や黒というモノトーンは、欧米では「色をもたない色」という扱いなので、白の喪服もあります。ヨーロッパで白い喪服が黒い喪服にとってかわったのは、歴史の教科書では「近世」とざっくりとした説明がなされていますが、上流階級向けのドレスのデザイン見本などを見た記憶からは、17世紀くらいには変化があったような気がしますね。

 ちなみに、日本では白い喪服の伝統は地方にもよりますが、20世紀半ばくらいまでは存続しており、2014年のNHK連続テレビ小説『花子とアン』にも登場したことを記憶しています。

眠れなくなるほど怖い世界史 / 堀江 宏樹 著
西洋画を見る目変わった……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

エリザベス女王の棺の中は……ヨーロッパ王族に流行した、国王の特殊な埋葬方式とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 日本のアウト皇室史のニュースならサイゾーウーマンへ!