“中学受験”に見る親と子の姿

中学受験生の娘が、髪を抜いて食べていた――「産後1カ月で職場復帰」スーパーウーマンの母が猛省するワケ

2022/09/24 16:00
鳥居りんこ(とりい・りんこ)

 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

中学受験生の娘が、髪を抜いて食べていた――「産後1カ月で職場復帰」スーパーウーマンの母が猛省するワケ
写真ACより

 中学受験生の親の悩みは多々あるものだが、その中でもダントツ上位に入るのが「子どものやる気が見られない」である。つまり「勉強しない」ということだ。

 勉強に、まるでRPGの攻略をするがごとくの手応えを感じ、夢中になっていく子もいるにはいるが、実態としては、塾の勉強が苦行になってしまう子のほうが多いだろう。

 「そんなに勉強が苦痛なら、中学受験をやめて高校受験にシフトしよう」と親子で納得できれば一番いいのかもしれないけれど、話はそんなに単純ではない。子ども自身が「勉強は嫌だ」「でも受験はやめたくない」という、相反する気持ちの狭間にいる場合もあるし、親のほうが「受験をあきらめきれない」場合もある。

 子どもが勉強をしないと、現在進行形でお悩みの親御さんもいると思うが、ことアグレッシブに生きてきたことが“成功体験”になっている人は注意が必要かもしれない。

 小学6年生の琴音ちゃんというひとり娘を持つ恵理さん(仮名)も、そんな親の一人だった。彼女はバイヤーとして活躍中の女性。体力には自信があり、海外出張も徹夜仕事も朝飯前。産前もギリギリまで仕事をし、産後も1カ月で復帰したというスーパーウーマンである。

「私は昔から『人生は気合と根性』と思って生きてきました。一度決めたら、何としてでも達成するという意思は固いと思います。学生時代の勉強も、大人になってからの仕事も、それこそスケジュールを分刻みでめいっぱい詰め込んで、どんどんこなしていくのが好きなタイプなんです」

 そんな恵理さんは、子育ても当然のようにタイムスケジュール化してきたという。

「琴音のことはすべて、私主導で決めてきました。夫に相談したとしても、彼も忙しいですから、『恵理に任せる。そのほうが確実』ってなるんで、結局、私が『この習い事やろう』『この塾に通おう』と仕切り、日々のタイムスケジュールを作っていました。琴音も特に嫌そうな素振りもなく、淡々とこなしているって感じでしたね」

 恵理さん夫婦は共に中学受験経験者。琴音ちゃんの中学受験は既定路線だったそうだ。

「私たちは親族に中学受験をしなかったという人間がいない家系なので、逆に公立から高校受験という道がまったくわからないということもあり、ごく自然に私が決めた受験塾に琴音を通わせるようになりました」

中学受験大百科 2022完全保存版
間違いを認めてすぐに軌道修正できるお母さんでよかった
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

中学受験生の娘が、髪を抜いて食べていた――「産後1カ月で職場復帰」スーパーウーマンの母が猛省するワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!