話題の映画をレビュー!

「Cocomiである必要性はない」! 声優デビュー作『漁港の肉子ちゃん』を見たアニメ好きライターが、その演技をぶった切る

2021/06/24 19:15
三澤凛
【星作業中】Cocomi『漁港の肉子ちゃん』レビューの画像1
アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』公式サイトより

 明石家さんまが企画・プロデュース、主演は大竹しのぶ、木村拓哉と工藤静香の長女・Cocomiが声優デビューと、なにかと話題のアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が6月11日に公開された。

 本作は、直木賞作家・西加奈子氏の同名ベストセラー小説(幻冬舎)を原作とし、船で暮らすワケアリ母娘の肉子ちゃん(大竹)とキクコ(Cocomi)を中心に、港町で暮らす人々の日常を描いた物語だ。

 名作を映像化する際、原作ファンからを中心に、ネット上にはさまざまな反響が寄せられる。コロナ禍の中、映画館の休業や作品の公開延期が相次ぐなど、映画業界は暗いニュースが続いているだけに、そんな中でも作品の“中身”が話題になるのは、制作陣にとってはある意味うれしいことかもしれない。

 だが、その「話題」は純粋な作品への評価や興味からくるものとは限らない。今作の情報解禁時、ネット上には「原作大好きだから、映画化はうれしい!」「劇場で見るの楽しみ」と喜びの声が寄せられた一方で、「なぜこのスタッフ、キャストで?」と、批判的な声も多数上がっていた。そもそも、さんまプロデュース作品の主演に、元妻の大竹がキャスティングされている時点で、制作サイドが“話題性”に重きを置いている様子がうかがえる。

 さらに、声優経験はおろか、演技経験もないCocomiの起用には、「さんまが木村と仲良いから、出演がかなったのでは?」と、世間から疑問の声が上がるのも無理はないだろう。そのほかの出演陣も、吉岡里帆、マツコ・デラックスといった人気芸能人と、花江夏樹、下野紘という一大旋風を巻き起こしたアニメ『鬼滅の刃』出演声優を起用するなど、「話題だらけ」の作品なのだ。

 映画公式サイトを見ると、「母娘の愛がテーマの感動ハートフルコメディ」と銘打っているが、果たしてそのテーマに見合うだけの作品になっているのだろうか。怖いもの見たさで実際に映画館に足を運んでみた。

真のヒロインを演じたCocomiの実力は……

 今作は、「第23回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞」を受賞した『海獣の子』(2019)の渡辺歩監督と、興行収入20億円を超えるヒットを記録した『えんとつ町のプペル』(20)を手掛けたアニメ制作会社・STUDIO4℃のタッグということで、映像は目を奪われる美しさがあった。漁港の街と、Cocomi演じる娘・キクコの目に映る日常を鮮やかに描いており、視界いっぱいに広がる映像美に引き込まれる。

 『漁港の肉子ちゃん』というタイトルながら、この作品の真のヒロインはキクコだ。冒頭の美しい映像に引き込まれた後、キクコのモノローグで物語はスタートする。

 しかし、そこで物語と視聴者の間に距離ができる。映像に目を奪われているからか、そのモノローグが頭に入ってこないのだ。Cocomiは、“キムタクの娘”という抜群のネームバリューがあるが、前述の通り、声優としての実績は皆無。アニメオタクで中学生のころに声優養成所に通ったこともあるらしいが、ヒロインを演じるには実力不足に思えた。

【先着特典】劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』オリジナル・サウンドトラック(ブックマーカー)
さんまさんは彼女の演技を絶賛していたけど……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「Cocomiである必要性はない」! 声優デビュー作『漁港の肉子ちゃん』を見たアニメ好きライターが、その演技をぶった切るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 映画レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!