【連載】彼女が婚外恋愛に走った理由

まるで『恋つづ』の佐藤健……美しい夫は、浮気を繰り返した。舐められまくった田舎妻が思い描く復讐計画

2021/04/04 16:00
いしいのりえ
(C)いしいのりえ

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。どちらの呼び名にも大差はない。パートナーがいるのにほかの男とセックスする、それを仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。

 今回は特別編として、夫に「婚外恋愛された」妻の声を紹介する。

 長期にわたるコロナ禍の影響で、婚外恋愛事情も大きく変化した。

 筆者が本連載で取材対象とする女性は、半数以上が「共働き夫婦」。急速に拡大したテレワーク導入により出社することを制限された人が多く、なかなか恋人に会える時間が作れず、自然消滅した婚外恋愛カップルも多いと聞いている。逆にいうと、パートナーと向かい合う時間が増え、関係が深まったというケースもあるのかもしれない。

 しかしそんな中、今回話を聞かせてくれた萌美さん(仮名)は、この度、結婚生活を打ち切り、新しい人生を送るための準備をしている。原因は、長年にわたる夫の婚外恋愛だという。

「周りには、『コロナ禍のステイホーム期間で、夫婦の価値観の違いが浮き彫りになったのが原因』なんて言いましたけど、実際のところは浮気です。というか、最初から冷めた関係だったんだと思います。新しい人生を切り開くきっかけを与えてくれた、このご時世に感謝しますよ」

 リモート取材のパソコン画面の向こうで、萌美さんは苦笑しながら、そうつぶやいた。

 色白で柔らかな雰囲気の萌美さんは30代半ばで「もう旦那がハナクソほじってても何とも思わなくなりました」と言うほど、ご主人との結婚生活は日常となっている。

「20代半ば過ぎの頃、遊び仲間つながりで旦那と知り合った時には、驚きました。キレイな顔で、中性的なルックスも浮世離れしていて……私より肌が綺麗で。まあ、飲みの席でしたし、実は夫は、ファンデを濃く塗ってただけなんですけど。大学進学と同時に上京して、その後、数年たっても田舎育ちが抜けていなかった当時の私は、ちょっと綺麗な人を見ると、すぐポッとなっていたんですよ」

 きらびやかな東京で、右往左往しながら暮らしてきたという萌美さん。

 学生時代は、東京での暮らしについて行くためにバイトを詰め込み、大学卒業後も、新卒で入社した会社に馴染むために必死で、恋愛経験は大学時代に数カ月交際した男性だけだという。

「だから、旦那との出会いは、たとえるならば、TBSでやってる火曜夜10時のドラマみたいな展開でした。夫はまるで、『恋はつづくよどこまでも』で佐藤健が演じた天堂先生、私はさしづめ上白石萌音が演じた七瀬でしょうか。私のような冴えなくてモテない女の前に、あんなに綺麗な男性が現れたんです」

【先着特典】恋はつづくよどこまでも Blu-ray BOX【Blu-ray】(A5クリアファイル)
この世には、つづかない恋が大半だから

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

まるで『恋つづ』の佐藤健……美しい夫は、浮気を繰り返した。舐められまくった田舎妻が思い描く復讐計画のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 彼女が婚外恋愛に走った理由のニュースならサイゾーウーマンへ!