老いゆく親と、どう向き合う?

父親が老人ホームの女性スタッフにセクハラ!? 「同意しないなら退去」担当者が提示した条件

2020/12/27 18:00
坂口鈴香(さかぐち・すずか)
写真ACより

“「ヨロヨロ」と生き、「ドタリ」と倒れ、誰かの世話になって生き続ける”
――『百まで生きる覚悟』春日キスヨ(光文社)

 そんな「ヨロヨロ・ドタリ」期を迎えた老親と、家族はどう向き合っていくのか考えるシリーズ。コロナ禍で不安な1年だった。そんな今年を締めくくるお話なので、少し救われる話題を……と考えていたところに、以前お話を聞いた女性から連絡がきた。

 「『突然大声を上げて怒り出す』要介護4の父と生活保護の兄……30代女性が背負った“家族”と“介護”の現実」で紹介した中村万里江さん(仮名・35歳)だ。

父親が女性スタッフにセクハラ

 中村さんは、今何度目かの岐路に立っている。

 前回お話を聞いて以来、中村さんは奔走していた。闘病中だったがん末期の母親を、看取りのできる有料老人ホームに入れ、別の有料老人ホームに入っていた高次脳機能障害の父親(68)を母親と同じ有料老人ホームに転居させた。母親の残り時間を父親とともに過ごせたかったのだ。

 その母親もこの秋に亡くなり、父親は一人になった。父親が妻の死をどこまで理解しているかは、中村さんにもわからない。それでも、状態が大きく悪くなることもなく、中村さんは肩の荷を下ろしたのだった。

 ところが、母親の死から1カ月ほどたったある日、父親が入っているホームから中村さんに連絡が入った。

「父が食事を拒否しているというんです。そのうえ、女性スタッフを触ってセクハラまがいのことをしたり、夜に自室ではなくロビーのソファーや廊下で寝たりして、ほかの入居者からクレームが来ていると。それで、父にボーっとさせるクスリを飲ませてもいいかということでした。当然、そんなクスリだから、ふらついて転倒するリスクもあるそうなんです……」

 中村さんは即答できなかった。家族とすれば躊躇するのももっともだ。

老人ホームのお金と探し方
高級ホームに入れて一安心、とはならない現実

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

父親が老人ホームの女性スタッフにセクハラ!? 「同意しないなら退去」担当者が提示した条件のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 老いゆく親と、どう向き合う?のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL