[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

TOKIO・松岡昌宏、Snow Manに「ちょっとクールな男たち」というキャッチフレーズ考案も「だっせえ」と苦笑

2020/06/09 11:50
小沢由衣子(おざわ・ゆいこ)
「ジャニーズで育った子」のセンスを遺憾無く発揮

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)。6月7日の放送では、松岡がデビュー当時のTOKIOのキャッチフレーズについて語る場面があった。

 松岡はリスナーからの「自分自身またはTOKIOにキャッチフレーズをつけるなら、どんなものをつけますか?」という質問に対して「いやいやいや。キャッチフレーズなんていう年でもないんです」と苦笑。そして「ちょっとこそばゆい思い出なんですけどね。知ってる人は知ってるし、テレビでも何回か言ってるんですけど」と前置きした上で、TOKIOにもデビュー時はキャッチフレーズがあったと説明。

 それは「ダテに待たせた、ワケじゃない。」だったことを明かし、「それを見た方々が『いや別に誰も待ってねえ』って言ったっていう有名な話なんですけど(笑)」と笑うと、「何をお前ら、力入ってんだっていう。人間てのは、力入れるとろくなことが起きませんから」とも吐露。しかしその後「でも当時のレコード会社の方が一生懸命考えてくださった」と感謝を表していたのだった。

 松岡は「でも、ウチらの先輩もあったんだろうね、キャッチフレーズ」と思いをはせながら、「今の子たち、ないもんねえ……」としみじみ。続けて「なんなんだろね。例えば……。“気づけば あなたに忍び寄る”(少年忍者)みたいな?」「“ちょっとクールな男たち”(Snow Man)」などと、思いついた後輩グループのキャッチフレーズを2本ほど披露。その後、笑いながら「わははは。だっせえ、俺。だめだ、俺センスねえや。全然だめだ」と、自分の考案したキャッチフレーズにダメ出しをしていた。

 この松岡のトークについて、ネットでは「TOKIOらしいいいキャッチフレーズだと思うよ」「いやいや、今もお待ちしておりますぞ……」「マボちゃん、今もずっと待ってます」といった熱い声が続出。

 現在音楽活動休止中のTOKIO。活動再開を待ちわびるファンたちに、今回のキャッチフレーズ話は特別心に響いたようだ。

小沢由衣子(おざわ・ゆいこ)

小沢由衣子(おざわ・ゆいこ)

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー、芸能などが守備範囲。日々の癒しは漫画とサウナと激辛ラーメン。

記事一覧

最終更新:2020/06/09 11:50
TOKIO 20th Anniversary Live Tour HEART/TOKIO
マボのセンスに薫る昭和

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

TOKIO・松岡昌宏、Snow Manに「ちょっとクールな男たち」というキャッチフレーズ考案も「だっせえ」と苦笑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズTOKIO松岡昌宏のニュースならサイゾーウーマンへ!