[ジャニーズメディアの裏側]

NEWS・手越祐也、大バッシングは「ジャニーズの“目論見通り”」!?  週刊誌報道で露呈した“真相”

2020/06/04 18:50
サイゾーウーマン編集部
NEWS・手越祐也、大バッシングは「ジャニーズの目論見通り」!?  週刊誌報道で露呈した真相の画像1
そもそもスキャンダル起こすのが悪いんだけどね

 これまで幾度となくスキャンダルを“見逃されてきた”NEWS・手越祐也だが、今年はジャニーズ事務所から厳しい処分を受けるこことなった。「週刊文春」(文藝春秋)やニュースサイト「文春オンライン」の報道で、ステイホーム期間中の“夜遊び”が判明したことで、ジャニーズは手越をチャリティーユニット「Twenty☆Twenty」から外し、無期限の活動謹慎処分を決定した。

「手越に関する報道は、いままさにやりたい放題といった状況です。『ついに事務所もさじを投げた』『滝沢秀明副社長の逆鱗に触れてしまった』など、手越がジャニーズから突き放されているとする記事が量産されていて、こうなった原因は、ジャニーズ側の姿勢にある。かつては、メディアに圧力を駆使して、この手の記事を排除してきたジャニーズですが、近年はコンプライアンス意識も高まり、徐々に緩和されてきています。とはいえ、記事に『待った』をかけなくなったどころか、むしろ『手越を庇う必要はない』と批判的な報道を後押しするケースまであるようです。その結果、事務所の“目論見通り”、手越は一挙手一投足まで批判を浴びるこことなりました」(テレビ局関係者)

 そんな中、6月4日発売の「週刊文春」では、同誌の直撃取材に対し、手越自身が「報道には言いたいこともあるし、事実と違うことがたくさんある」などとコメント。同記事によれば、手越は所属契約を更新した今年3月前後に、すでに退社の意向をNEWSメンバーやジャニーズサイドに伝えていたという。また、同日発売の「女性セブン」(小学館)でも、手越は来年3月退所の方向で話が進んでいると報じている。

「この記事で、なぜジャニーズが今回ばかりは手越を庇わないのか、その“真相”がわかりました。もはや退社が決まった手越は『去る者』であり、庇う必要はないと判断されたということです。退所の時期も、来年3月という話ではあるものの、この状況をあと1年近く続けることは、双方にとって何の得もないだけに、年内に早まっても少しも不思議はありません」(同)

 活動休止の“火種”が手越にあることは明白だが、事務所から嫌がらせに近い措置を取られている彼に、果たしてどれほど同情票が集まるものだろうか。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@cyzowoman

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/06/04 18:50
NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-(通常盤)【Blu-ray】
いかにもジャニーズ事務所っぽいやり方

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

NEWS・手越祐也、大バッシングは「ジャニーズの“目論見通り”」!?  週刊誌報道で露呈した“真相”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズNEWS手越祐也のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ