『テラハ』レビュー

【テラスハウスレビュー】翔平の「セックスしまくってる」発言を受け、香織にぜひ忠告したいこと

『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(Netflix先行配信)公式サイトより

 見ず知らずの男女6人が、シェアハウスで共同生活する様子を記録したリアリティ番組『テラスハウス』。現在、Netflixにて「TOKYO 2019-2020」が配信中で、ファンは個性豊かな面々の恋愛模様を、一喜一憂しながら、固唾を呑んで見守っている。そんな『テラハ』を愛する“テラハウォッチャー”が、9月後半の配信分から、グッときた“名(珍)シーン”をピックアップし、思いのままにレビューする。

戦慄の流佳アート(テラスハウス第16話)

 以前、イラストレーターの香織から画材を見繕ってもらっていたアルバイトの流佳。それを使っているシーンは一切なかったが、今回、新メンバーの大学生・愛華(えみか)から「描いた絵を見たい」と言われ、披露することになった。

 「デッドプールと未来図を書きました」とA4ほどのスケッチブックを開いて見せると、そこに描かれていたのは、怪獣(デッドプール?)が、小さな生き物たち(人間?)の前に現れている(襲っている?)ような状況を、小学生男子の落書き風タッチで描いたものだった。メインの画材は黒ボールペンと思われる。21歳の男が本気100%で描いたと思うと、底知れぬ恐怖を感じる何かがそこにはあった。

 しかし流佳は、あくまで真面目に「これパッと見、小学生(が描いた)みたいじゃないですか。けど、この中に一つひとつストーリーがあって、隠し絵もあって。宇宙から来たストーリーとか、ここから見た人はこういう生物だと思うけど、本当はこの人が操ってるみたいな、でも操ってる人を乗っ取るために侵入者がここにいるんで……」と、丁寧に解説。

 戸惑う愛華を気にもせず、スケッチブックをめくっていき、赤いペンで「これからは、」と走り書きされたホラーなページも臆することなく見せていた。

 挙句の果てに、愛華のサインを勝手に考え、スケッチブックに書き出す流佳。「今すごいの気づいちゃった。(ひらがなで)『えみか』ってつなげて書いたんですよ、そしたら、ここに『るか』っていう字が出てきた!」と、笑顔で言い出したシーンを見た時は、鳥肌まで立った。

 翌朝、そのテーブルの上には、流佳による「えみか」サインがぎっしり書かれたノートが残されていた。これをホラーと言わず、何と言おうか。

「テラスハウス」〜TERRACE HOUSE TUNES-We were once in love(CD)(2
ペッペだけが今のテラハの良心よ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

【テラスハウスレビュー】翔平の「セックスしまくってる」発言を受け、香織にぜひ忠告したいことのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビューテラスハウス『テラスハウス』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!