浜崎あゆみウォッチャー座談会

浜崎あゆみは、なぜいま松浦勝人氏との恋を暴露した? 小説『M 愛すべき人がいて』徹底考察

『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)

 ノンフィクション作家・小松成美氏が、浜崎あゆみへの取材を基に書き上げた小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)。同作は、駆け出しの頃の浜崎とエイベックス会長・松浦勝人氏(当時は専務)の恋愛模様、そして浜崎がスターダムにのし上がっていく姿が描かれており、発売当初から大きな話題を呼んだ。「オリコン週間 BOOKランキング 2019年08月12日付(19年07月29日~19年08月04日)」では、初登場2位(3万8,155部)を記録し、その後も売り上げを伸ばしているようで、来春にはテレビ朝日で連続ドラマ化されることが決定した。

 昨今、CD売り上げの低迷やコンサート会場の規模が縮小傾向にあることが取り沙汰され、すっかり「オワコン」扱いになっている浜崎にとって、『M』のヒットは久々に明るいニュースとなったが、常日頃から、浜崎を熱心にチェックしている「あゆウォッチャー」は、『M』をどのように読んだのだろうか。今回、昨年1月、サイゾーウーマンに掲載した記事「浜崎あゆみは、なぜ“オワコン”なのに注目を集め続けるのか? ウォッチャーが激論!!」に集ったあゆウォッチャーたちが再集結。『M』を語り尽くしてもらった。

A……20代半ば女性。あゆの全盛期はあまりよく知らないが、ネット炎上を目にするうち、興味を持つように。「最初はちょっとアンチ目線だったが、一周回ってファンになった」とのこと。
B……30代前半女性。小学校高学年の頃にあゆがデビューし、青春の思い出は全て当時のヒット曲とリンクしている。しかし「全盛期より今の方があゆに夢中です」。
C……30代後半女性。今回のウォッチャー3人中で唯一のコアなファン。ブーム衰退とともに一度ファンを離れたが、5年ほど前から再びドハマり。あゆの生き方についても考察を繰り広げる。

M 愛すべき人がいて / 小松成美/著
サイ女はあゆのこと愛してるよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

浜崎あゆみは、なぜいま松浦勝人氏との恋を暴露した? 小説『M 愛すべき人がいて』徹底考察のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューアーティストのニュースならサイゾーウーマンへ!