音楽は“好み”で左右される部分が大きいとはいえ……

「ドヤ顔うっとうしい」「音痴にもほどがある」バンド活動が嘲笑された人気俳優3人

山田孝之公式サイトより

 ここ数年、ミュージシャンの役者起用が増えている。元SAKEROCKの星野源や銀杏BOYZの峯田和伸、RIZEの金子ノブアキらが“個性派俳優”のポジションを築く一方、俳優が音楽活動を展開するケースもみられる。しかし、必ずしも人気を得られるとは限らず、悪評を集める例も少なくない。山田孝之もその一人。
 
 2013年に山田孝之は俳優仲間の綾野剛、内田朝陽とともに、バンド「THE XXXXXX」を結成。18年11月にインディーズデビューを果たし、今年4月5日にファーストアルバムをデジタル配信すると、4月24日、25日には初のワンマンライブ『MUSIC EXISTENCE』を東京・EX THEATER ROPPONGIで開催した。綾野はMCの中で「毎日進化していくんで。皆さんに『THE XXXXXXまだまだだな』って思われながら頑張っていきますので応援してください」とファンに呼びかけた。

「3人は『ライブやりたくね? やろうぜ!』と意気投合した後、バンド活動を始めたそうです。そんな軽いノリからスタートした彼らですが、人気俳優の音楽活動ということもあり、ライブ映像がワイドショーで取り上げられるなど早くもテレビ露出の機会に恵まれることに。しかし、ネットユーザーからは『山田孝之のおふざけ感が苦手』『ファッションバンドっぽさが痛すぎる』『ドヤ顔と“俺らの世界観”を前面に出してくるのがうっとうしい。声が全然出ていなくて笑った』と嘲笑されることに」(芸能ライター)

 10年度下半期のNHK連続テレビ小説『てっぱん』で、主演を務めた女優の瀧本美織も、バンド活動をしていた過去がある。14年11月に5人組ガールズバンド「LAGOON」のボーカルとしてデビューし、当時、瀧本は「いつかはアリーナや東京ドームのような大きなところでも、ちゃんと人に届く熱いパフォーマンスができるようになること!」と大きく夢を語っていたものの、活動開始当初から「女優もバンドも中途半端になりそう」と活動を不安視する声があった。

「結局、バンドは16年7月に解散し、瀧本は公式サイト上に『二足のわらじを持つバンドとして“自分の職業、音楽活動”ともに全力で両立を続けてまいりましたが、この先もバンドとしてメンバー5人で活動を続けていくことが困難だと判断し(中略)解散という選択をすることとなりました』と発表。ネットからは『解散発表しても誰も気づかないほど、印象が薄い……』『女優としてもバンドとしてもパッとしなさすぎ』と辛らつなコメントが寄せられることに。また、過去にKis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔との熱愛をスクープされたことがあったことから『藤ヶ谷の件から、本当に見なくなったよね。女優一筋で頑張ればよかったのに』などと、さまざまなコメントが飛び交いました」(同)

 13年に地元・横浜の友人らとロックバンド「SODA!」を結成した浅野忠信にも辛口な意見が上がっている。浅野がボーカルを務める同バンドは、これまでに5枚のアルバムをリリース。もともと映画が主戦場で、最近は連ドラやバラエティ番組にも出演する浅野だが、コンスタントにライブを行っており、精力的に音楽活動に励んでいるが――。

「5月5日放送の音楽番組『Love music』(フジテレビ系)に出演したSODA!は、最新アルバム『MELODY!』から『彼女はみ出してる!』を披露しました。しかし、ライブを見た視聴者からは、『音痴にもほどがある。堂々とできる意味がわからない……』『期待したわりにボーカルがひどい』『本業の役者だけで十分』と厳しい声が続出しました」(同)

 音楽的センスや技量が、そのまま評価につながる音楽活動。俳優として確固たる人気と実力を兼ね備えていても、酷評されるのは仕方がないことかもしれない。
(立花はるか)

最終更新:2019/05/25 15:00
山田孝之のカンヌ映画祭 Blu-ray BOX【Blu-ray】
『山田孝之のカンヌ映画祭』の主題歌が山田孝之だった

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「ドヤ顔うっとうしい」「音痴にもほどがある」バンド活動が嘲笑された人気俳優3人のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレント男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!