[女性誌速攻レビュー]「Domani」6・7月号

「Domani」豊洲タワマンママ登場! 「子どものトートバッグ」でママ友選ぶ、恐るべき“価値観”

「Domani」2019年6・7月号(小学館)

 ワーキングマザー向けに大リニューアルされた「Domani」(小学館)。リニューアル後第3弾となる6・7月号の表紙からは、前号まで猛プッシュされていた新キャッチフレーズ「脱ママ! 脱モテ! 脱真面目!」が消えました。

 特集も、前々号は「ママと呼ばないで」、前号は「“かっこいいオカン”になろう!」だったのが、今号では「スニーカーの日 NOTスニーカーの日」に。一気に「イケ★ママ」(「Domani」の提唱するイケてるワーママのこと)臭を脱臭してきました。しかしご安心ください。中身の方は、相変わらずぶっ飛んでいます。早速、見ていきましょう。

<トピックス>
◎高島彩の「ママ時間」「ノーママ時間」
◎アグネス・チャンさんの言葉
◎実録!? 東京23区・働く母の生態ファイル『江東区の女』

小保方さんを感じさせる高島彩

 気になるところが多すぎる「Domani」の連載エッセイ陣。どんな連載なのか、それぞれご紹介していきたいと思います。

 まずは、高島彩のエッセイ「高島彩の『ママ時間』『ノーママ時間』」。毎号、どことなく人の心をぞわりとさせる文章が気になっているのですが……。今号は、自分の顔のパーツが数年前と比べて「1センチくらい落下しているではないですか!」という嘆きから始まり、締めくくりは「人目もはばからず草むらでゴロゴロしていたら飛行機雲が一筋。あ、こんな空の見方もあったのね。たまには大きく手足を広げて空を仰ぐ時間もお母さんには必要なのかも」。

 個人的にはこの一部分だけで、何となく、小保方晴子さんのエッセイ『小保方晴子日記』(中央公論新社)を読んだときと同じぞわぞわを感じてしまったのですが、理由はわからぬまま。この謎は、今後解明していきたいと思います。

 次は、美容家・神崎恵の連載「神崎恵・人生訓」。夕食の時間が違う息子3人と夫のため、「唐揚げ、親子丼、パスタ、うどんを1時間おき」で作るような忙しさだそうですが、「疲れた顔と心で料理しないよう気をつけています」とのことで、キッチンに立つとき専用のチーク、リップ、ピアスをつけて臨むそう。「できたてごはんが言葉の代わり。料理は私の愛情表現」という大正論をキメられては、ぐうの音も出ません。

 しかし、これを読んで「よしっ、私も頑張るぞ!」と思える素直な読者はどれほどいるのでしょうか。少なくとも筆者は一旦、そっと「Domani」を閉じました。

 最後は、リニューアル前から続くKinKi Kids・堂本剛の人気連載「堂本剛のなら(ず)もん」。今回は、最近ハマっているというホットケーキがテーマ。本人のアイデアで「ホットケーキ配色のコーデ」をテーマに撮影することになったそうで、ホットケーキふうのミニ剛が、いちごやブルーベリーとともに、皿に載ったカットが掲載されています。非常にシュールで、一度見たら忘れられない写真です。

 以上のように、細かな部分でも読者を飽きさせないのが「Domani」なのです。

Domani (ドマーニ) 2019年 06月号 [雑誌]
つまり「世帯年収と金の使い方が同レベル」ってことでしょ?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「Domani」豊洲タワマンママ登場! 「子どものトートバッグ」でママ友選ぶ、恐るべき“価値観”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューDimaniのニュースならサイゾーウーマンへ!