ジャーナリスト・中島恵氏寄稿

ディズニー裁判で「私も」の声続々……パワハラ解雇も発覚で「暴走する現場」浮き彫りに

東京ディズニーリゾート公式サイトより

 オリエンタルランドの社員による「過重労働」「パワハラ」裁判の第一回公判が、2018年11月13日に千葉地方裁判所で行われ、大きく報道された。東京ディズニーランドでキャラクター出演者として働いていた女性契約社員AさんとBさん2人が、過重労働やパワーハラスメントで体調を崩したとして、オリエンタルランドの安全配慮義務違反を訴えている裁判である。今年3月26日に行われた第二回公判では、「過重労働」を訴えていた原告Aさんがパワハラ被害も追加提訴。そんな中、オリエンタルランドで「私も」と声を上げる動きが起こっていることがわかった。『ディズニーの労働問題 「夢と魔法の王国」の光と影』(三恵社)著者であり、東京経営短期大学専門講師も務めるジャーナリスト・中島恵氏が、その現状について寄稿する。

職場復帰時に「どの面下げて」と言われた

 10~30キロあるキャラクターの衣装を着て、ショーやパレードなどに出演していたところ、2017年1月、神経などを圧迫される「胸郭出口症候群」を発症したというAさん。当初、オリエンタルランド側は労災申請を渋り、休業補償もないとの対応だったそうだが、労働組合「なのはなユニオン」と支部であるオリエンタルランド・ユニオンによる交渉の結果、会社は労災申請をし、同年8月に労災認定を受け、昨年7月に会社側の安全配慮義務違反を提訴。その後、Aさんは復職したものの、仕事に行くことができなくなり、今年3月の第二回公判では、「パワハラを受けた」と追加提訴したAさんが、意見陳述を行った。

 Aさんは出演者として働き続けたいという思いから、復職に関してできる限り努力したものの、現在「反応性うつ状態」を発症し、復職できずにいるという。なんでも労働災害に認定されたと新聞報道があってから、「Aさんが悪いことをした」などと、同期たちから怒りをぶつけられ、「謝罪がないことがおかしい」と、責められたそうだ。Aさんは、「安心して職場に行けない恐怖感があった」ため、団体交渉の場で会社に「出演者が労災認定されたとの報道については守秘義務違反にあたらない」と認めてもらっていたが、職場復帰の際、周囲のスタッフの反応はひどく冷たいものだったという。

 例えば、職場復帰初日にほかのスタッフから「どのツラ下げて来てんのか見に行ってやろうぜ」と言われていたことを耳にしたほか、復帰2日目には、先輩から「謝った方がいい。」「謝るんだよ。」と言われたとのこと。Aさん自身、ある程度想定したことだったが、実際に直接言われるとやはり心が折れ、会社に行くことはできなくなったそうだ。

 Aさんにとって職場は、夢を守らなければならない、守りたい場所であると同時に、働き続けたい場所。働く者が会社に行くこと自体が怖いなんて「夢の国」にあってはならない……そんな思いから、Aさんはパワハラも提訴したという。なお、第一回公判後の記者会見で、Aさんは現在、心療内科にかかっていることも明かしていた。

 千葉地裁は、次回からAさんに関して安全配慮義務違反とパワハラ問題を合わせて審議すること、さらにAさんとBさんとの弁論を分離すると説明した。

東京ディズニーリゾート クロニクル35年史
「着ぐるみの中の人」をいないものとしないで

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ディズニー裁判で「私も」の声続々……パワハラ解雇も発覚で「暴走する現場」浮き彫りにのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューディズニーのニュースならサイゾーウーマンへ!