仁科友里の「女のための有名人深読み週報」

マツコに「かなわない」といわしめるIKKO、今のバラエティーで重宝がられる“無垢さ”

2018/12/20 21:00

高価な着物を着ている理由もバラエティー向き

 カネの話をしないのが暗黙の了解になりつつあるバラエティーで、IKKOは自前の高価な着物を身に着けている。その理由が「太ったから(着物だと体形がカバーできるから)」であるのが、バラエティー向きでよい。『人生最高レストラン』で、「韓国に着くとすぐにエステに行くが、そこにヤンニョムチキンをデリバリーしてもらう」と発言し、チュートリアル・徳井義実に「美容大国に行って太って帰ってくるってどないやねん」と突っ込まれていたが、突っ込まれるネタを自ら提供できるのがIKKOの強みである。

 また、IKKOは軽井沢の別荘をバラエティー番組でよく公開している。このご時世に、自慢と受け取られかねない行為だが、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、とんねるずに家をめちゃくちゃにされるという“洗礼”を受けている。同番組の性質上、別荘を褒めちぎるとは考えにくい。何かされることはわかりつつ、オファーを受けたことで自慢の要素が薄まるのだ。

 IKKOの強みは、性的な話ができることも挙げられるだろう。12月6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、IKKOはチョコレートプラネット・長田庄平と松尾駿を軽井沢の別荘に招き、長田庄平が入浴するVTRを見たIKKOが「ガチムチ~」と叫んで見せた。ガチムチとはガッチリした筋肉質でありながら、むちっとした脂肪がついている男性の体形を指すそうだが、この言葉自体がお茶の間に浸透しきってはいないことと、女性を対象としているわけではないので、女性視聴者の反感を買いにくいのではないだろうか。

 演者も視聴者もバラエティーのパターンに慣れ切った今、IKKOの「いまだにオチも何もわからない」という無垢さは新鮮である。来年もIKKOをテレビで見ることは多そうだ。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

最終更新:2018/12/20 21:00
IKKO 心の格言200
IKKOさんを嫌いな人っていないと思う

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

マツコに「かなわない」といわしめるIKKO、今のバラエティーで重宝がられる“無垢さ”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ