「元極妻」芳子姐さんのつぶやき36

映画『ヤクザと憲法』出演の「若頭」逮捕! 元極妻が抱いた“ヤクザ事件報道”への疑問

映画『ヤクザと憲法』公式サイトより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

■『ヤクザと憲法』出演の若頭が逮捕

 10月2日、大ヒットドキュメンタリー映画『ヤクザと憲法』(2016年、東海テレビ製作)に出演していた暴力団の若頭が建設会社関係者を脅したとして逮捕されました。建設資金の支払いを逃れようと関係者を10人ほどで取り囲み、「カネカネ言いやがって」と怒鳴ったそうで、録音された音声もニュースで公開されていました。

 『ヤクザと憲法』は、「1万人動員で大ヒット」といわれるドキュメンタリー映画にあって、4万人以上を動員したそうで、今でも人気がありますね。若頭は特に「コワモテ感満載」だったので、ご覧になった方は印象に残ったと思います。話題の映画だっただけに、逮捕のニュースもネットでもけっこう取り上げられてました。ネットに「やっぱり……」的な書き込みが多いのはしょうがないですが、元極妻という私のスタンスもあり、報道には「違和感」がかなりありました。

■億単位でもうけてるわけない理由

 まず大前提として、私は犯罪者をかばうつもりはありません。法に触れることをすれば、法にのっとって処罰されることは当たり前ですね。ただ、処罰を決めるのは裁判所で、マスコミではありません。もっとも警察や検察は逮捕したり起訴したりするのがお仕事で、それをそのままマスコミが流すのは、仕方ない気もしますけどね。

 そこで、本題。まず気になったのは、若頭の「余罪」でした。今回の逮捕は微罪ですし、報道によれば本人も怒鳴ったことは「認めている」(録音されてますので当然ですが)ので、勾留も長くはなく、この記事が配信される頃には、もうシャバだと思います。

 でも、一部のメディアが「(若頭による)被害総額は6億以上いっとったわ」「(若頭の会社の)売り上げが10億超えたこともあったそうや」などという関係者のコメントを掲載しているのは、どうなんでしょうね。立件されているのでしょうか? 記事内容のほとんどは推測とか伝聞にすぎませんし、『ヤクザと憲法』をご覧になった方なら、「そんなにもうかっているなら、もっといい事務所を使えるのでは?」と思われるでしょう。

 ヤクザは見た目やメンツ重視なので、豪華でない事務所がカムフラージュということはまずないです。映画のあの事務所が「ありのまま」なのです。億単位でもうけていたら、防弾仕様のシャッターの豪邸に住んでいるはずですよ。今どきは暴力団排除条例があるため、新規で買うのは難しいですが、報道の感じでは「以前からかなりもうけていた」ような印象です。また、関係者の話として、若頭の「過去」を「狂暴なヤツやったようや」というのもありました。狂暴なのは映画でもわかりますが(笑)、伝聞をそのまま載せるのは気になりましたね。 

報道の向こう側を読む

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

映画『ヤクザと憲法』出演の「若頭」逮捕! 元極妻が抱いた“ヤクザ事件報道”への疑問のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやきのニュースならサイゾーウーマンへ!