ランジェリースタイリスト・中根菜穂子さんインタビュー

ユニクロ、ワイヤレスブラ大ヒット! 市場トップの下着メーカー・ワコールを凌ぐ3つの理由

ランジェリースタイリストの中根菜穂子さん

 バストを支える“ブラジャー(以下、ブラ)”は、毎日頑張る女性にとって欠かせないパートナー。そんなブラを女性の元に届ける下着メーカーの中でも、長年市場のトップを走っているのが「ワコール」です。しかし近年、女王・ワコールをしのぐほどの人気を博しているのが、カジュアルファッションブランド「ユニクロ」のワイヤレスブラシリーズ。低価格路線のユニクロが高級感のあるワコールを駆逐しているようにも感じますが、もはやブラジャーのトレンドそのものが変化している様子。そこで、ランジェリースタイリストとして活躍する中根菜穂子さんに、畑違いの「ユニクロ」が市場を席巻している理由や、人気のブラの特徴について伺いました。

■価格以外の3つの魅力

 ユニクロが本格的に女性用下着の販売に乗り出したのは2008年のこと。ブラカップ付きキャミソール「ブラトップ」が登場すると、たちまち人気を集め、ユニクロの定番商品になりました。その後、16年には「ワイヤレスブラ」の販売が始まり、1,990円という価格も相まって市場を拡大しています。

「ユニクロのブラが人気を獲得した背景には、2,000円以下というリーズナブルな価格設定だけでなく『気軽に買える』『サイズがわかりやすい』『装着が簡単』という、3つの理由が考えられます」

 1つ目の「気軽に買える」点は、ユニクロの接客スタイルが大きく関係しているそうです。ユニクロといえば、客から質問されて初めて店員が対応する接客スタイル。そのため、店員とのコミュニケーションが苦手な人にとっては、買いやすさを感じる要素になっているのだとか。

「ユニクロのブラは、S・M・L……と、サイズ展開がとてもシンプル。下着メーカーのブラのように、アンダーバストやカップ数を測らなくても、大まかなサイズ感でブラを購入できるのは、ユニクロならではの商品展開ですね」

 また、中根さんはユニクロブラ最大の特徴は、3つ目の「装着の簡単さ」にある、と話します。

「ユニクロのワイヤレスブラは、ワイヤの代わりに柔らかいウレタン樹脂を使用して、ほどよくバストを支える構造になっています。この場合、簡単に装着できて、体のシルエットが美しくなるのが最大の特徴です。一方、機能性が高い下着メーカーのブラの多くは、体形に合ったサイズのブラを正しく装着しなければ、本来の能力を発揮することができません。その手間をかけたくない、という女性もユニクロを選ぶ傾向があるようです」

 下着メーカーのブラは機能性が高い半面、着ける位置や着け方が重要なため、ストラップの調節をするなど、着けるコツをつかむ必要があります。中には、店舗で販売員からレクチャーを受けなければならないものもあり、そうした煩わしさが下着メーカーのブラから離れてしまう原因になっているはず、と中根さんは話します。

 安くてカンタンと、いいことずくめに思える「ユニクロワイヤレスブラ」ですが、年齢によるバストの変化をカバーするのは難しい、とも。

「バストの安定感という面において、ワイヤレスブラでは限界があります。『エイジングを緩やかにして、バストの美しさを保ちたい』『最近、自身のバストの下垂が気になってきた』という方は、下着メーカーのブラがおすすめです」

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

ユニクロ、ワイヤレスブラ大ヒット! 市場トップの下着メーカー・ワコールを凌ぐ3つの理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー下着ユニクロのニュースならサイゾーウーマンへ!