[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「俺を男として見てない……」関ジャニ∞・錦戸亮をへこませた、有名女性アーティストとは?

1802nisikido
ん? 厨二病ですか?

 関ジャニ∞が毎回さまざまな音楽アーティストを迎え、トークを繰り広げる音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)。9月23日は、「音楽アーティスト」としてギターリスト・古川昌義、アコースティックギター界のカリスマ・押尾コータロー、歌手のmiwaが登場し、アコースティックギター特集が行われた。

 また、「ジャムセッション」では、錦戸亮がギター&ボーカルを担当し、斉藤和義の「歌うたいのバラッド」を披露。ほかにも関ジャニ∞からは、丸山隆平がベース、大倉忠義がドラムで参加した。今回は4本のアコギを使ったスペシャルアレンジということで、古川、押尾、miwaとのセッションになったのだが、錦戸はこの中で唯一の女性であるmiwaと向かい合って歌うセットステージに緊張していた様子だ。

 「亮は、なんかね、向かい合ってセッション……」と村上信五に話を振られると「そう、めっちゃ恥ずかしかったんすよ、僕」と錦戸。これにmiwaは「めっちゃ緊張しました」と返事をしていたが「え? 緊張しました? あっそうなん? 全然(緊張しているように)見えへんかったから、俺だけ1人で恥ずかしがって何やってんねんやろって」と、自分だけが緊張していると感じていたようだ。中でも「目の前にして『愛してる』って歌うんですよ。miwaちゃんめっちゃ堂々としてるからウワ~って思って」と、向かい合って歌うシーンが恥ずかしかったと明かしていた。

 すると、この時の錦戸の様子を見ていた大倉が「すごいへこんでたよ。『俺を男として見てない……』って」と大暴露。この告白にはスタジオも大爆笑で、錦戸は思わぬ暴露に「恥ずかしい。なんか、恥ずかしくなってきた」と顔を赤らめていたのだった。

 そして実際のセッションを見た視聴者からは「向かい合いながら照れくさい歌詞を照れながら歌う亮ちゃんが、今この世界で一番愛おしい瞬間でした」「亮ちゃんの渾身の“愛してる”がかっこよすぎた」「自分を目の前にして、女の子に“愛してる”って堂々と歌われて『俺を男として見てない』ってへこむ錦戸亮ちゃんかわいすぎるな」という声が上がっていた。

 だが一方で、「亮ちゃん1人がよかったのに……この歌、2人で歌う曲じゃないのになぁ……プロデューサーさん、センスないなぁ……」「大好きで大好きでずっと聞きたかった亮くんの『歌うたい』だったけど、女の子と向かい合って歌うのは求めてなかったんだよなぁ!」「錦戸亮ちゃん1ボーカルで、ハモリを入れるなら男性の声を当てる形で聞きたかったかな……」という声も。

 名曲として長く愛されているからこそ、女性のハモリに違和感を覚えた人が多かったようだが、楽曲の新しい一面を引き出してくれるのもジャムセッションの見どころの1つ。渋谷すばるが抜けてしまった今、錦戸にはもっと堂々と男らしく振る舞ってほしいものだ。
(華山いの)

なにを今さら感がぬぐえない

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「俺を男として見てない……」関ジャニ∞・錦戸亮をへこませた、有名女性アーティストとは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ錦戸亮関ジャニ∞のニュースならサイゾーウーマンへ!